賃貸物件でアリが発生...!大家として出来ることとは?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >入居者トラブル> 賃貸物件でアリが発生...!大家として出来ることとは?

賃貸物件でアリが発生...!大家として出来ることとは?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:はなちゃんさん
  • 相談日時:2021/07/15(地域:大阪府)
line
気になった! 1,470
大家です。最後に質問4件を期します。
築30年のプレキャストのコンクリート製の1K単身者用2階建てアパートを所有してます。

日曜日の朝、1階の入居者から電話があり、アリが玄関付近に出てるので、何とかしてほしいとの連絡がありました。

状況がやどこから出ているのか明確な説明がなく、週明けに見に行くとの返事をしましたが、今日中に来いとの事でした。

アリの巣コロリ(プラスチック製に入ったアリの毒餌)、アリトール(粉状の毒餌)及びボンドをホームセンターで買って伺いました。
玄関入った所の隙間から出てたと言うことですが、私が行った時には1-2mm以下の小さなアリが1-2匹しか見つかりませんでした。

今朝気付いたらトイレの方まで一面に居てたとの事です。
アリのコロリ等を差し上げますから取り敢えず設置/撒いて、アリが居なくなり、アリの巣が全滅したようなら出てきたコンクリート?の隙間をボンドで埋めて様子を見てほしいと言いました。

アリがまた出てきたらどうするのか、大家の責任で対処しろとの返答でした。

アリは少しの隙間でも来るし、アリの餌になるようなものがあれば入ってくる場合も多いと言いましたが、餌になるようなものは置いていないとの事でした。
善管理義務は大家にもあるが入居者にもあると言いましたが、入居者は大家の責任で全て対処すべき、弁護士に聞いて対処するとの事ですのでとどうぞと言いました。

弁護士は相談への助言をするだけで、最終的には裁判で決まると言いました。
下記の以前の事があるので穏やかに少し言い返しましたちなみにペットを飼ってられるし、以前にも夜中にトイレが詰まった(結局、トイレットペーパーの一度の流し過ぎ)とか、エアコンの裏に虫がいるとの苦情を受けました。

20代後半の女性で生活保護で、親が案外良い車に乗って通っているし、どうやら男性が同居している様子です。
私としては、もう退去してほしいのですが、滞納がなければ困難ですよね。

質問1. 1階部分の少々のアリの玄関ドア裏の床(クッションフロアの裏はコンクリート床)から侵入は、両者(大家と入居者)に管理義務があり、少々は受忍限度と思われますが如何ですか? 
古い物件で賃料が安いと、建物の躯体も含めて経年劣化が起こってきます。
雨漏り等は大家の責任でしょうが,、コンクリート等の隙間から小さなアリ等が出て売るために大掛かりな工事はできません。
当方3-4棟所有してますが、賃料の安い物件に限って、入居者の要求が強いように思います。

質問2. 非常時は別として、トイレのつまりやアリで大家はすぐに駆けつける必要があるのでしょうか? ちなみに自主管理です。
普通の方は湯沸し器やエアコン等の故障でも、修理等にかかる日にちを待ってくれますが、入居者によっては、毎日のスーパー銭湯の料金や交通費、エアコンの部品納入までの修理期間を待ってくれず、新品をすぐに付けよと言われ、そうしたこともありますが、大家はどこまですべきなのでしょうか? 良い言い方、対処法があれば教えて下さい。

質問3. 以前生活保護の方も受け入れてましたが、何らかの問題や不良入居者が多く、現在はほとんど断ってます。
生活保護者の親族の援助を断ったから生活保護が受給されたのだろうし、保証人も何の役にもたたず、死亡されたりした場合も懸念してます。
以前暴力的な生活保護者の滞納に保証会社とケースワーカー立ち合いで退去して貰ったことはありますが、ケースワーカーへの相談は意味がありますか? 
生活保護者にとってケースワーカ-は恐い存在(逆もありますが)かも知れませんので。

質問4. 古い入居者で親等が保証人の場合、保証人の生死が不明の場合もあります。入居時に保証人を条件にしてても、保証人が死亡してたりした場合、退去要求や新規保証人を入居者に求めることは可能でしょうか?
こちらの内容は、2021/07/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2021/07/15

質問1について

多少のことは受任限度かと思いますし、賃貸人の責任だというのであれば、賃借人の側で、アリ被害が建物の欠陥に由来することを立証すべきでしょう。

続きを読む
こちらの内容は、2021/07/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2021/07/16

最初に入居者が弁護士さんに相談をするということですが
入居者側から訴えを起こす今回の場合ですと蟻の侵入が建物に起因する原因を立証する必要があります。
訴えられた側はその立証に対して反論します。


質問1について
蟻の発生に関しては必ずしも建物に原因があるとは限りません。
例えば入居者の食べ残し等に寄ってくる場合もありますのでまずはその原因を建物にある事を入居者が示さなくてはいけませんが
ご相談を読むかぎり立証は素人では難しいと思います。
蟻に関しては害虫駆除の業者であれば蟻の通る道に薬剤を散布などしてくれることもありますので相談してみてください。

質問2について
トイレの詰まりやエアコンの故障など入居者にとっては大変な事なのですぐに業者手配をしてあげることがよいと思いますが
段取りが整えばいつでも駆けつけなければいけないというものではありません。
入居の時期や契約書の更新状況にもよりますが「民法第611条 – 賃借物の一部滅失等による賃料の減額等」という項目があります。
これによって入居者が設備を使えなかった又は雨漏りによって生活制限されたなどの期間に対して賃料の減額を請求することは「適法」ということになります。
もちろん修繕に対しての免責期間もありますしあくまでも建物側設備の不備・故障の場合で入居者に原因が無い場合ですが参考にされてください。

質問3について
ケースワーカーにも出来ることの限度がありますので仕事以上の事を頼むことは出来ません。
補足ですが、大家さん向け住宅確保要配慮者受け入れハンドブックというものがあります
住宅セーフティネット制度活用ハンドブック研究会
国土交通省 住宅局 住宅総合整備課 賃貸住宅対策室 が作成したものです
国土交通省のホームぺーから閲覧やダウンロードできますので参考にしてください。

質問4について
契約書が自動更新でない場合は契約の更新毎に保証人の署名・捺印を頂くことは可能ですし
更新時に保証人が変更になる場合はその手続きをすることは可能です。
但し民法改正後は間に家賃保証会社などが入っている場合は連帯保証人を取らず緊急連絡先とするケースがほとんどです
保証会社等を間に入れている場合は入居斡旋してくれる不動産会社に相談してみてください。
保証人が死亡=退去ということは出来ません。 その場合は新しい保証人を探していただくように手配をするか
保証会社に加入していただくという方法もあります。

こちらの内容は、2021/07/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社アスパ
回答日時:2021/07/16

実務で話しますね。

質問1
退去して欲しいなら一切対応しないで良いのではないでしょうか。
弁護士に相談なんて常套手段で言うことです。
万一訴訟されて結審されてから考えれば良いことです。
対応しすぎると要求は多くなっていくことだと思います。

質問2
民法が改正されましたので、それに従って対応すれば問題ないかと思います。
https://www.jpm.jp/topics/2553

質問3
ケースワーカーに相談しても基本的には対応してくれません。
契約解除の内容証明を役所にも送り住んでいないと言い、生保を打ち切りましょう。
そうすれば、滞納を理由に退去できる可能性があります。
万一保証会社に加入していなければおすすめしません。

質問4
保証人が死亡した場合、その保証人の相続人が継承します。

家賃を払っている入居者はありがたいですが、不利益な入居者は不要です。
当然、最低限の対応はしないといけませんが、それ以上の要求は一切飲まない方が良いです。

こちらの内容は、2021/07/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP