ペット不可物件、どうしても飼いたいという要望に家賃を引き上げて合意しましたが|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >相続・税金> ペット不可物件、どうしても飼いたいという要望に家賃を引き上げて合意しましたが

ペット不可物件、どうしても飼いたいという要望に家賃を引き上げて合意しましたが

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:zeekさん
  • 相談日時:2012/07/03(地域:大阪府)
line
気になった! 76
1戸建て 築20年の物件を73,000円で貸していました。

当初、ペットは禁止という条件で貸していましたが、どうしても飼いたいということで
家賃を75,000円、礼金を50,000という条件で合意しました。

1年ほど飼われていましたが、もう犬は飼わないので、
家賃を元に戻してほしいといわれているのですが、家賃を下げなければいけないのでしょうか。

入居からは4年ほど経っています。
こちらの内容は、2012/07/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
㈱アルプス建設
回答日時:2012/07/03

回答させていただきます。
元々の契約書条項のを再度確認が必要です。
まずは、73,000円→75,000円の家賃に変更する内容に単にペットを飼育することをうたっている場合は…

続きを読む
【お礼】
ご回答どうもありがとうございました。
やはり、戻さなくても良いんですね。
これで自信を持って相手と話し合うことができます。
zeek
こちらの内容は、2012/07/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2012/07/04

少々都合の良い入居者のようですね。
ペット飼育を可能にすることによって家賃やその他条件を引き上げる理由は、マーケットで希少性が増すことに加え、家主側に建物の傷むリスクが発生してしまうためです。
既に飼育をしてしまったわけですから、室内はそれなりの状況が予想されます。
条件を元に戻すのでしたら、改めてペット飼育不可になった覚書を締結し、現時点の室内状況の汚損や破損について一旦精算なさることをお勧めいたします。

【お礼】
ご回答ありがとうございます。
これで自信を持って交渉することができます。
zeek
こちらの内容は、2012/07/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
有限会社 ツカサホーム
回答日時:2012/07/05

単純にペットを飼う事を承諾するための対価であれば、値下げするべきでしょうが、飼うことで発生する修繕費を考慮しての値上げであれば、値下げする必要はありません。

こちらの内容は、2012/07/05時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2012/07/18

契約書の内容によると思いますが、家賃の変更は双方の合意による変更かと思いますのでオーナー様がどうしたいか決めてよいと思います。

家賃を変更した時にペットを飼わなくても家賃変更はないと条項を追加しておきたいところです。

こちらの内容は、2012/07/18時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

相続・税金に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP