借主との契約更新を拒否したい場合について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 借主との契約更新を拒否したい場合について

借主との契約更新を拒否したい場合について

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:みどりまこさん
  • 相談日時:2008/07/16(地域:北海道)
line
気になった! 202
転勤族で、築26年の自宅を借家にし、借りていただいています。 現在の借主は2人目。2年間の定期借家契約をし8月末で最初の契約が 終了します。それで現在の借主との契約更新はやめようと思い お世話になった不動屋へ更新しない旨の連絡を入れています。 更新しない理由 入居初日より多々要求が多く何処までが貸主の範囲なのか、 対応に神経を使う事に疲れた。 これまで対応した事 1、テレビの映りが悪い、アンテナが古いのか、配線の不具合ではないか?調べて欲しい。 調査結果: 借主のアンテナ線とテレビの接続が間違っていた為、映らなかった。 しかし借主がBSアンテナを設置したいとの申し出があった為、 元々あったアンテナへ付けようとしたがアンテナが古かった為付けられず、 貸主負担でアンテナは交換。BSアンテナは借主負担とし、 テレビ映りが悪い為の出張点検費用は借主に請求した。 2、玄関チャイムが使えない 調査結果:電池劣化で本体腐食。新しいチャイムと交換。 3、入居一年半程経過した頃押入れの中に金色の狐の置物がいてあった。自分たちが持って来た物ではなく、入居当初から押入れの中にあり 見つけていたが、すっかり忘れていた。たたりがあったら 気持ちが悪いので、大家に引き取ってもらいたい。 調査結果: 海外のおにやげ物と思われるグレーのシャムネコの置き物。 仕方が無いので近隣の神社へねんごろに御祭した。 4、玄関引き戸がきつい 調査結果:アルミ製格子に硝子の入った引き戸の為、 比較的滑車が磨耗しやすい。それが磨り減った為に渋くなり、 重くなっていた。それも当方で調査修繕。 5、家賃の振込みが出来ない。 調査結果:借家人が自分で作った振込みカードを使い家賃を 振り込もうとしたが、何度やってもエラーになるので「口座を替えたか?」と 連絡をしてきた物と判明。よって「窓口へは相談したか?」と確認をとった。 結果一切そういったことはしておらず、真直ぐ貸主に電話で恕なりこんできた。 結果その後家賃は入金されていたので、問題なく振り込めた物と推測。 これも振込みがあったので当方が勝手に「問題解決と判断」しただわけで、借家人からは何の連絡もない。 6、洗面台付帯の差込コンセントをショートさせ炎上 調査結果:27年前の古いタイプの洗面台である為、コンセントの許容W数が500wであった。にも関わらず1200wのドライヤーを使い続けた為、とうとうショートし炎上。その結果付属蛍光灯も点灯しなくなった。 借主対応:借家人の使い方にも問題あると判断し、新しい洗面台と交換の意思は無い旨連絡。 7、下水が詰まり汚水が逆流。家の管理はどうなっているのか 調査結果:下水の清掃不備で逆流した物と判断。年一回清掃しないと、 自分たちが住んでいるときも同じ状況が起きた。今回は借家人が業者を 頼んで(¥10000)解決させた。 しかし当方の管理が悪い為にその様な自体になった。と恕なられた。 長々と書き続けましたが、6の洗面台も7の件を連絡してきた時、 主人が見に行き不便だろうとの判断。何となく納得できたので. 新しいのと交換することにしました。現在の借家人は以前まで マンション経営をしていたということす。 しかし私どもは住めない事情で家を貸し出しているので、 商売で家を貸しだしている訳ではありません。 また、仲介してくれた不動産の方は借家人からの電話をとりつぐだけで、 調査は一切しません。ですから大家が全て調べ、どちらの責任かを 考え処置しなければなりません。 こちらとしても借りていただければ、家賃収入もありローンが残っているので (中古住宅取得)助かるのですが、もうチョット仲介業者が関与してくれて、 せめてどちらの責任で修理するのが妥当かとか処置するのが妥当だとか 判断してくださればたすかるのですが・・・・この更新をしないのは間違いでしょうか? 更新しない旨の書類は準備しました。以前借りていた方(3年程)からは 一切こう言った苦情はありませんでしたし、下水の件もご自分たちで 清掃していたそうです。
こちらの内容は、2008/07/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)エポックハウス
回答日時:2008/07/23

内容によって貸主負担なのか借主負担なのかを
ご自身で判断されているとの事ですが、ご苦労をお察しいたします。
クレームの内容を拝見いたしましたが、内容によって貸主、 続きを読む

こちらの内容は、2008/07/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
(株)ナイスコーポレーション
回答日時:2008/07/29

「更新をしないことは間違いか?」について
まず、定期借家契約(定期建物賃貸借)とありますので、更新自体がありません。
終了日以降の契約は再契約となります。

但し、1年以上(今回は2年)の契約ですので、契約の終了日の半年以上
1年未満の間に再契約をしない旨を通知しないといけません。

通知をしないと継続します。

万一既に契約の終了日まで半年を経過しているのであれば、
通知を出した日から、半年後が終了日となります。

また、あまり通知が遅いと、たとえば契約の終了日以降は、
あまり期間がたつと、定期建物賃貸借契約自体の効力にも影響を及ぼしかねません
(まだ新しい法律なので、判例などがないため念のため用心してください)。

いづれにしても、ご相談者様自身の賃借人との一連のやりとりに対する
考え方の良し悪しは、別として、普通借家契約のように正当事由がなければ
更新を拒絶することが出来ないわけではありませんので、
賃貸人のお気持ちで判断されればよいのではないでしょうか。

契約の手続き上に問題がなければ解約できます。

再契約するにしても手続きはきちんとすることが大切
(賃貸人からの定期借家契約である旨の説明〈出来れば書面で控えをとる
及び定期建物賃貸借の内容の契約書の作成)です。

以上

こちらの内容は、2008/07/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2008/08/07

ご相談内容から見て、とりわけ更新拒絶に関しては
問題はなく、有効なものと考えます。 しかしながら、その理由が入居者のわがままというのであれば
すんなり、契約満了に納得するかというところです。 然るべき、正当性のある事由をご用意ください。

こちらの内容は、2008/08/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP