賃借人が行方不明で強制執行は可能?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
賃借人が行方不明で強制執行は可能?

賃借人が行方不明で強制執行は可能?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:おたすけさん
  • 相談日時:2016/10/14(地域:新潟県)
line
気になった! 706
賃貸マンションの借主の家賃滞納・入居者行方不明で困っています。

会社で所有している賃貸マンションで、家賃滞納があり、
入居者を探して滞納分の家賃を支払っていただくか、
契約解除・退去していただきたいと思っています。

3年前にマンションの管理会社変更のため、
数度訪問しましたが、お会いできず、お電話はお客様の都合で、
おつなぎできませんとのこと。

それでも、家賃が入金されていたので、連絡の取れないまま放置していました。

今年の2月を最後に、ついに家賃の入金がなくなりましたが、
やはり、連絡がとれません。

当初の契約が、通常の賃貸契約と異なり、保証人や緊急時の連絡先等の
記入がありません。

警察官の立会いのもと、部屋に入り、契約者と奥様と思われる方の、
生年月日が分かったので、戸籍謄本を取りました。

契約者本人は亡くなっており、奥様は民生委員の方によると、
要介護認定で施設に入所されたとのこと。
また、お子さんがいるかどうかは、戸籍改正のため、戸籍謄本では、
わからず、ご近所にも聞いてみましたが、お嬢さんがいたと聞いたことがある
という程度しかわかりません。

奥様の入所先は、市役所の福祉課等に尋ねても、個人情報だからと
教えていただけませんでした。

マンションが建つ前から、そこの土地を亡くなった契約者に貸していた都合で、
マンションの居住権は相続人に引き継がれると契約書に明記されているので、
奥様を見つけて、家賃支払いまたは、契約解除をお願いしたいのですが、
どうしたらいいでしょうか。

奥様の入所先がわからないので、内容証明郵便も送れません。
住民票の住所は、マンションのままでした。

また、奥様を見つけられなかった場合、訴訟・公示送達・強制執行等は、可能でしょうか。
こちらの内容は、2016/10/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2016/10/14

おたすけさん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。
Q.賃借人が行方不明で強制執行は可能?

続きを読む

【お礼】
早速ご回答をいただき、ありがとうございます。

住所不明でも、公示送達等をすれば、なんとかなるとわかり、
ほっとしました。

弁護士さん、司法書士さんは、費用が掛かりすぎるので、
なんとか自力で裁判所での手続きをしてみようと思います。

過去にも、少額訴訟を自力でしたことがあるので、
なんとかなると思います。

ご回答ありがとうございました。

<追記>

あきらめずに、別のご近所さんにうかがってみたら、
マンションのその部屋に出入りされている人がいるとのことでした。

教えていただいた時間帯に、マンションの前で待っていたら、
その部屋から、人がでてきました。

お話をうかがったところ、亡くなった契約者の方のお孫さんでした。

その後、別のお孫さんからも連絡をいただき、
契約者の奥様の入所先や、お子さんのこともわかり、
無事にあらためて契約ができそうです。

家賃滞納や入居者行方不明等で悩まれて、
この文章を読んでくださってる皆様も、
あきらめずに、いろいろやってみてはいかがでしょうか。
(そうは言っても、マンションの部屋に出入りしている方が、
怖い関係の方だったらどうしようかと、かなり緊張しましたが)

弁護士費用等が心配な皆様、
少額訴訟は、ネットでやり方を調べれば、個人でもできます。
わからないことは、裁判所へ直接行って質問すれば、
丁寧に教えてくださいます。

裁判所からの書類が届いたとたん、速やかにお支払いくださる方も
いらっしゃいます。
(その場合は、入金を確認してから、訴訟を取り下げればいいのです)

悩める大家さん同志(私の場合は、ただの会社員ですが)
これからも、がんばりましょう。
おたすけ
こちらの内容は、2016/10/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2016/10/14

このような場合は公示送達など使わなくとも相続人の住民票(もしくは移転先)は取得できますので、それを元に追うと分かります。

契約書のほか、家賃の入金がなされていないことを照明できる書類などを持って役所に行き、債権の回収のためであることを伝えれば、相続人である奥さんの住民票などは取れます。少し聞き込みすれば娘さんのことも分かると思いますので、娘さんも相続人ですので、その方の住民票も取れます。
ただし、転居後5年以上経過するとデータを消されてしまいますのでご注意ください。

奥さんは施設に入っているとのことですが、判断ができない場合は成年後見人がついているか、娘さんと連絡を取れるようになっていると思われますので、そこまで行けば解決できると思います。

それと、公示送達するには相手の住民票か不在籍不在住証明書が必要だったと思います。それならば、公示送達するよりも相手を見つけた方が早いです。

【お礼】
ご回答をいただき、ありがとうございます。

初めに契約者の住民票を取ろうとしたとき、
住民票がなく、多分死亡後3年以上たったのでしょうと、
役所の方に言われました。

死亡すると、戸籍は残っても、住民票がなくなるとは知らず、
大変驚きました。

相続人(奥様)は、生年月日がわからず、
住民票を取得できませんでした。

警察と部屋に立ち入って、はじめて奥様の生年月日を知ることができて、
住民票を取得できたのですが、住所はマンションの部屋のままで、
入所施設を確定するには至りませんでした。

今回は、最終的にはマンションに出入りする、お孫さんと合うことができ、
事なきを得ました。

ご回答、ありがとうございました。
おたすけ
こちらの内容は、2016/10/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
弁護士法人 星野・長塚・木川法律事務所
回答日時:2016/10/17

東京都港区の弁護士です。

このまま放置すると,家賃収入の分だけ損失が発生するだけですので,早急に解除の上,訴訟で明渡を求めるべきです。

音信不通・行方不明の場合でも,訴訟を通じた強制退去が可能です。

手続は,期限付きの催告兼解除通知を配達証明及び特定記録で送付し,解除の効力発生後,訴訟提起して判決を得て,強制執行により明渡の実現を図ることになります。

判決取得後,滞納家賃の強制執行も可能となります。

音信不通・行方不明の案件は,裁判手続きがむしろ早く進むので,ご相談から3か月程度で終わることもあります。

一度早めに直接弁護士に相談してみてください。

※当事務所でも家賃滞納による不動産明渡の案件を多く取り扱っております。
ご不明な点等ございましたらお気軽にメールや電話にてお問い合わせ下さい。

参考URL:http://www.chintaikeiei.com/answer/b_hoshino/
【お礼】
ご回答をいただき、ありがとうございます。

音信不通や行方不明の方が、法的手続きが早く済むとのこと、
とても意外でした。

今回は、運よく親族の方と連絡がとれて、良かったのですが、
あやうく親族の方がときどき部屋に出入りされているのに気づかず、
法的手続きを取ってしまうところでした。

ご回答、大変参考になりました。
ありがとうございました。
おたすけ
こちらの内容は、2016/10/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/10/17

現状では弁護士にお願いすることが望ましいでしょう。
恐らく公示送達となることも十分考えられますので、まずは速やかに新規募集ができるよう手続きなさってください。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
【お礼】
ご回答をいただき、ありがとうございます。

弁護士費用をネットで調べると、
とても高額で、なかなかお願いできません。

30分の無料相談を利用してみましたが、
やはり無料ですと、なかなか手続きの手順など、
細かいことまではお話しできず、
ネットで調べているうちに、このサイトに
たどり着きました。

これからも、わからないことがあったら
質問させていただくと思いますので、

よろしくお願いいたします。
おたすけ
こちらの内容は、2016/10/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP