老朽化による契約更新の停止で立ち退き料が家賃1年分を超える金額を請求された|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >立退き 強制退去> 老朽化による契約更新の停止で立ち退き料が家賃1年分を超える金額を請求された

老朽化による契約更新の停止で立ち退き料が家賃1年分を超える金額を請求された

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:すももさん
  • 相談日時:2014/09/22(地域:神奈川県)
line
気になった! 161
はじめまして。 築35年の戸建て住宅を賃貸契約して5年になります。


老朽化に伴う修繕費や耐震構造でないことなどで、

6月に契約更新の停止したい旨を仲介業者を通してお話したところ、

立退き料として230万円を要求されました。

1年分の賃貸料を上回る額です。

要求額が高額だったのでどうしようか迷っていたところ、

先日、今度は12月の更新での家賃の値下げを要求されました。


要求額は現在の賃料の3分の1の減額です。

屋根の雨漏りを修繕したからという理由だそうですが、

私はその修繕の連絡をもらっていませんしお願いもしていません。


仲介業者から修繕の連絡が入れば迅速に対応してきました。

家賃については応じられないと伝えてもらうようにしましたが、

次に何を行ってくるのか心配です。


このような行き違いが以前にもあり仲介業者を信頼できません。

今回の契約更新時に仲介業者の変更もしたいのですが、

どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。


よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2014/09/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2014/09/22

すももさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

間に入っている仲介、管理会社さ…

続きを読む
【お礼】
ご丁寧な回答ありがとうございます。間に入ってくれる管理会社はトラブルがあると困ると思い、大手不動産会社の賃貸部門に依頼しました。これまで、管理会社から電話で修繕依頼か更新の手続きについて言ってくるだけ、その後のフォローはなしの一応やることはやってますという対応。担当者も何人も変わっています。

今回の件も借主の言っていることをこちらに伝え、こちらの答えを伝えるだけで、もう少し丸く治まるような
アドバイスがあっても良かったのではと思ってしまいます。『どうにかなりませんか』と聞いたら『法に触れてしまうので』の一点張りでした。

今日、更新の書類が郵送されてきました。家賃は現在のままの金額が書いてありました。
このような状態でいるより、お金で解決して早く縁を切った方がいいのかと思っています。
すもも
こちらの内容は、2014/09/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2014/09/23

仲介業者と管理契約を締結しているのでしたら、お客様への告知を義務を怠ったことになります。
ただ、立ち退きにつきましては、本来貸主または弁護士が行うべき行為ですので、責任の追及は困難でしょう。
なお、借主提示の立ち退き料は決して高額ではないと思います。

【お礼】
ご丁寧な回答ありがとうございます。
まだ管理会社に契約解除の通知はしていませんが、これ以上お付き合いしていきたくありません。
立ち退いてもらうにしても契約を更新するにしても、新たに管理会社を探すつもりです。

また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

すもも
こちらの内容は、2014/09/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2014/09/24

入居者も感情的になっているか、激しく思い込んでいるのかと思います。
先ずは冷静な状態での話し合いが必要です。

立ち退き料については、賃貸してから5年という期間を考えると高額ではないかと感じます。管理会社である我々は、先ず大家さんと話し合って、どこまで出来るのかを決めます。その上で、管理会社として対象となる入居者が納得できるような提案を作り、大家さんに確認していただいた上で相手に伝えます。このような地道な作業はなさったでしょうか?
打合せもろくにしないで、無計画に伝えるとトラブルになることが多いです。慎重に事を運んでも揉めることが多いのですから、管理会社は細心の注意を払わなければなりません。また、管理会社は万が一、調停や裁判に移行した場合でも、大家さんが有利になるような提案を作るのが望ましいです。
ただし、これらは十分な管理料を払っていた場合です。(当然払っていたと思いますが・・・)。
常日ごろから管理料などを値切っていたりすると、管理会社としても「切ってもいい大家」として位置づけしていることがあります。これは良い事ではないですが、商売ですから仕方がない側面もあります。

家賃減額については、契約がある以上は認めるべきではありませんし、雨漏りに関しても連絡なしに直したと言われても追認する必要もないかと思います。あくまでも契約上の家賃を支払うように伝えてください。相手が契約上の家賃を支払わない場合は、記録を付け、可能ならば毎月内容証明郵便にて催促をしてください。それでも払わない場合は、適当な期間をもって、契約の解除が出来ることがあります。この辺りは、弁護士とも相談の上、慎重に話をすすめてください。

管理会社に不信感がある場合は、一度管理会社とよく話し合ってみてください。変えたとしても、他の管理会社が良い会社とは限りません。何が不満で、何をして欲しいのか、先ずは伝えてみてはいかがでしょうか?

余談ですが、大家さんに代わって入居者に立ち退きの話しを伝えるのは管理会社の重要なテクニックの一つではありますが、(報酬を得て)交渉するのは弁護士法違反に問われかねない行為ですので、何でも管理会社がやってくれるものと思い、求めるべきでないかとは思います。

こちらの内容は、2014/09/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2014/09/29

このような状態で管理を継続して依頼するのは難しいでしょう。
最終的な判断のみで管理を任せられる管理会社に依頼するのが良いでしょう。

管理変更については管理代行契約の内容によりますので管理会社に確認してから対応することになります。

退去・修繕・更新とは切り離して対応したほうが良いでしょう。



こちらの内容は、2014/09/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

立退き・強制退去に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP