様々な迷惑行為でトラブルになった賃借人との賃貸契約を解除させるには?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>入居者トラブル>

様々な迷惑行為でトラブルになった賃借人との賃貸契約を解除させるには?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:keiさん
  • 相談日時:2019/08/08(地域:兵庫県)
line
気になった! 755
平成29年12月8日から2年間更新可として生活保護の賃借人と契約、入居約3ヶ月頃、本人より鍵紛失した、「閉めずに出ているので家主が閉めてくれ、泥棒入ったら家主のせい」私は住居と貸しマンションが区が違い離れている為、口論になりそれ以降、仲介の不動産屋が賃貸人に対応。


迷惑行為、共用部分に大ごみ、生ごみ、部屋のドア全開して通路全く塞いで上階、賃貸人が通れない、共用部分階段にチュウハイ大缶を上から流す、等々数々あり7月、8月家賃滞納、*7月は保証会社から当方に振込みアリ 8月4日付けで契約解除、更新しない旨、配達証明で送付。


すると賃借人が保証会社にもう8月分より家賃は払わない宣言して、おまけに保証会社より、家主とのトラブルがある場合、以後保証出来ないと言われました。それまでに当方8月1日に滞納と迷惑行為を賃借人に注意したら「出て行け言う事かい」と睨み凄まれました。怖くてどのような解決があるでしょうか

こちらの内容は、2019/08/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
国土管理 株式会社
回答日時:2019/08/09

国土管理株式会社と申します。回答させて頂きます。

ひどい入居者ですね。ご心労お察し申し上げます。

オーナー様が直接賃借人と対峙されると、感情…

続きを読む
【お礼】
ご回答有難うございます。
入居者が生活保護者なので、質問後急ぎ、役所のケースワーカーに滞納、迷惑行為の経緯を説明し
契約解除明け渡しの意向を伝え、マンションに同行してもらいました。最終、解約同意書に署名捺印してもらい12月7日までに明け渡しということになりました。
実際、明け渡し、原状回復の同意等スムーズに終了するか不安ではありますがケースワーカーが立会いしてくれるそうなので粛々と進めたいと思います。

今後、ご進言の定期賃貸借契約も考慮したいと思いました。

誠に有難うございました。
kei
こちらの内容は、2019/08/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/08/08

随分と迷惑な入居者を入れてしまいましたね。

この様な場合は、法律で粛々と手続を進めて追い出すしか有りません。
家賃の滞納だけでなく、今までの行為を時系列で記録として、それらを証拠として契約解除と部屋の明渡し、未払家賃の請求、原状回復の損害賠償を求めて訴訟を提起するしか有りません。
ご自信でも出来ないことはないですが、弁護士に頼んだほうが早いでしょう。

保証会社についても、契約で可能ならば、請求しましょう。

【お礼】
ご回答有難うございます。
入居者が生活保護者なので、質問後、急ぎ役所のケースワーカーに滞納や迷惑行為の経緯を説明し
契約解除、明け渡しの意向を伝えマンションに同行してもらいました。最終、解約同意書に署名捺印12月7日までに明け渡しということになりました。
実際、明け渡し原状回復の同意等スムーズに終了するか不安ではありますが、ケースワーカーが立会いをしてくれるそうなので、粛々と進めたいと思います。
又、それまでに非常に困難な事態が勃発するようであれば、ご進言のように弁護士にお願いしようと思います。

誠に有難うございました。
kei
こちらの内容は、2019/08/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/08/09

交渉ができない状況でしたら、明渡訴訟を提起すべきでしょう。
先方の行動がエスカレートしないよう、弁護士にお任せすることをお勧めいたします。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ご回答ありがとうございます。
入居者が生活保護者なので、質問後急ぎ役所のケースワーカーに滞納や迷惑行為の経緯を説明し
契約解除、明け渡しの意向を伝えマンションに同行してもらいました。最終、解約同意書に署名捺印
してもらい、12月7日までに明け渡しということになりました。
実際、明け渡し、原状回復の同意等スムーズに終了するか不安ではありますが、ケースワーカーが立会いしてくれるそうなので粛々と進めたいと思います。

又、それまでに非常に困難な事態が勃発するようであればご進言のように弁護士にお願いしようと思います。
誠に有難うございました。
kei
こちらの内容は、2019/08/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

物件がありません

関連キーワード

PAGE TOP