強制退去の通知期間とは?問題の多い入居者を退去させたい!|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >立退き 強制退去> 強制退去の通知期間とは?問題の多い入居者を退去させたい!

強制退去の通知期間とは?問題の多い入居者を退去させたい!

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:しふぉたんさん
  • 相談日時:2016/01/06(地域:福岡県)
line
気になった! 686
強制退去の通知期間について。
個人で不動産屋を通さず、知り合いに祖母がすまなくなった古い一軒家を貸しています。ですが、多々問題がおきてしまい、契約期間が切れる二ヶ月前に退去して欲しいと伝えました。
理由につきましては、以下の通りになります。

犬を三匹飼育すると聞いていましたが、実際には数十匹いる。
(向こうの言い分は、数匹いると言ったが、三匹とはいってないし、契約書にも頭数について書いていない)

近所から直接大家の私に苦情がきている。
(言い分は、田舎で周りに数件しかなく、前の家のみの苦情では強制退去の理由にはならない。)

庭などを手入れせず、草がボーボーでとても汚い。
(時折草刈りはしているが、草刈りを必ずしなければいけないなど契約書にもかいていない。いつするかはこっちの勝手だ。)

私としましては、契約更新を拒否したいので、契約書を確認しましたら
「一ヶ月前に通知すること。」と書いていたのでそう説明したのですが、向こう側からの答えは、
「退去命令をだすなら、法律上6ヶ月前にするべきだ。今の段階ではこちら側は退去する必要がない。まずは内容証明で6ヶ月後の退去命令をおくってこい。話はそれからだ。」と言われました。

こちらとしてはすぐにでも出て行ってほしいのですが、契約書に一ヶ月前とかいていても、6ヶ月後でないと出て行ってもらえないのでしょうか?

またこの内容では出て行ってもらうことは、不可能でしょうか?

知恵をお貸しください。よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2016/01/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2016/01/07

借地借家法では
建物賃貸借契約の更新拒絶をする場合は
正当な理由をもって、契約終了の1年から6か月前に
通知する必要があります。

続きを読む
こちらの内容は、2016/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2016/01/07

6か月はおろか、相手が拒否し家賃を支払って(供託でも可)いれば、退去させることは出来ません。退去命令は個人が出せる物ではありませんので、出すのであれば、契約の解除申し入れ書です。
相手がそれに合意してくれるといいですね。
今後は、費用が掛かっても不動産会社を通して契約することをおススメします。理由があるからプロがいるのです。

こちらの内容は、2016/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/01/07

法律では6ヶ月後でも立ち退きは難しいかもしれません。
いずれにしましても、改善が見られなければ契約解除の後、明渡を求めることになります。
任意交渉が困難ならば明渡訴訟をご検討なさってください。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2016/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
建築・設計会社
株式会社マンエイ
回答日時:2016/01/08

借家人の方はけっこう勉強されてますね。

知り合いにもかかわらず、開き直っているかのような対決姿勢。常識があればもう少し遠慮しますよね。舐めていると言いますか、確信犯と言わざるを得ないところでしょうか。

他の専門家の方々も書かれている通り、普通建物賃貸借は大家さんにとって厳しいものになっています。

ご質問の1カ月前の通知はたとえ契約書に書いて同意したとしても借主にとって不利な条件であり無効です。仮に6か月以上前に通知しても、正当事由が必要です。残念ながら契約期間満了は正当事由とされていません。借家人はこれらを熟知しての言動なのでしょうね。

こうした実務上の不備があることから定期借家という契約があります。

いただいている情報からは硬軟織り交ぜて上手に説得する他ないようです。既に当事者同士の話し合いは借家人にとって相当程度のメリットが無いと乗ってこないように思います。こういうのは現場感覚が重要です。今からでも遅くないと思いますので、現地で対応できる弁護士さんや管理委託できるプロを探してご相談ご対応をお願いするのが良いかと思います。

こちらの内容は、2016/01/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

立退き・強制退去に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP