入居中の原状回復要求がありました。対応方法は?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >入居者・近隣トラブル> 入居中の原状回復要求がありました。対応方法は?

入居中の原状回復要求がありました。対応方法は?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:じゅんいちさん
  • 相談日時:2012/06/15(地域:東京都)
line
気になった! 346
初めて質問させていただきます。

当方所有のマンション物件にかれこれ20年住まわれている方がいます。

世間情勢を勘案して更新の都度、賃料の値下げには応じていましたが、
今回部屋の壁紙を張り替えてほしい旨依頼がありました。

本来ですと原状復帰は退去後となりますが、入居中の原状復帰を行うこ
とは、退去後の高額な補修費用の先行投資と割り切らざるを得ないと、
個人的には考えていますが、やはり独断専行ではなく、周囲の意見も
含めて判断したいので、以下の点ご教示願います。

1.基本的に入居中でも張替えの要請があった場合には、全額貸主負担
  として応じなければならないのか?

2.将来、入居者が退去する時は、今回張り替えた分の原状復帰費用を
  請求できるのか?
  (3年以内、5年以内、7年以上で判断が分かれる?)

3.張替え箇所が居室であった場合は、張替え工事中の代替部屋を用意
  する必要があるのか?(例えばホテル宿泊代とか)

4.その他留意しておかなければならないポイント等あれば、ご助言願
  います。

こちらの内容は、2012/06/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
建築・設計会社
(有)廣建設
回答日時:2012/06/16

じゅんいちさん回答申し上げます。
20年とは長く入居して頂いた賃借人さんですね。
滞納が無ければ¥1千万円以上の賃貸収入を生んでくれた
功労者ですね、2年事の…

続きを読む
【お礼】
ご教示ありがとうございます。
試算も含めていただいたご意見大変参考になりました。
お恥ずかしい話ですが、壁紙の財産価値は6年というのも初めて聞いただけに
原価償却分として考えて、対処させていただきます。
じゅんいち
こちらの内容は、2012/06/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
㈱渋谷都市開発
回答日時:2012/06/16

じゅんいちさん、
初めまして。

20年の賃借人様、当社にもこのような入居者がいらっしゃったら、色々と講じて寧ろ入居者へ好感を持たれるように大家側にも提案をするでしょう。

もちろん、今回の件は断る必要性はありません。そして、じゅんいちさんには申し訳ございませんが大家負担とならざるを得ません。
少なからず、壁紙の張替えだけでも行ってあげて下さい。

マンションがあちこちに雨後の筍のようで、飽和状態の賃貸経営は厳しいと言われる現代、大切なお客様です、いや、顧客様です。

但し、契約期間がかなり永い方ですので、家財道具がどれだけ配置されているかが問題と思われます。
以前、家財道具が置かれている部屋の全張替えを行った時、別途料金を取られたのを覚えております。(張替え費用と比較したら大したことでは無いですが…)

荷物の移動が簡単で有れば、ホテルに宿泊しなくても出来ます。

また、大家さん自ら、大胆にも入居する前に好きな色を選んで下さい。大家負担で張替えますよ!と言うサービスを行っている方がいらっしゃいます。
何度かメディアにも取り上げられており、話題となっております。

今後の賃貸経営に成功あれ!

詳しくはFaceBookより

参考URL:http://www.facebook.com/maison.aoki/info
【お礼】
ご教示いただきありがとうございます。
確かに入居者は顧客様ですね。
また、家財道具がどれだけ配置されているかを事前に確認することもは
留意点にあたりますので、まずは、大家としても入居者の部屋の状況を
確認した上で判断していきたいと考えます。
大変参考になりました。
じゅんいち
こちらの内容は、2012/06/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
有限会社 ツカサホーム
回答日時:2012/06/16

設備の故障とは違いますので、クロスの貼り替えは大家さんで負担する義務はありませんが、長年住んで頂いていますから大家さんのお気持ち次第で、貼り替えてあげるのもありかと思います。
貼り替え最中の仮住まい等は必要ありません。
業者に言えば、荷物を移動しながら作業できます。

【お礼】
端的な回答ありがとうございます。
壁紙は設備なのか?という問いもあっただけに、原則設備の故障とは
違うものの、あとは義理人情での判断となりますね。
他の方々からも長年入居されている方であるだけに、その人情のバロ
メーターは高いため、一度実査したうえで総合判断いたします。
大変参考になりました。
じゅんいち
こちらの内容は、2012/06/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2012/06/18

賃貸借契約書を確認する必要はありますが、一般的には張替えの要請に応じる必要はありません。
お客様に引続き入居してもらいたいというご意向があるかどうかが、判断の分かれ目になると思います。
経営の観点からは、引続き入居してもらうことが有利であるように思いますが、張り替えた途端に退去してしまわないよう、「○年間以内に退去した場合は張替え費用○万円は借主の負担とする」といったような覚書を取り交わしておくべきだと考えます。

【お礼】
ご教示ありがとうございます。
やはりビジネスではなく、人情的見地からの判断とするかしないかの
問題ですね。
一部なりとも退去前に現状復帰とするため、減価償却期間内での退去
については明文化することが妥当と判断します。
家主と借主間でのやり取りではなく、こういう時こその不動産業者に
間に入ってもらい進めてみます。
参考とさせていただきます。
じゅんいち
こちらの内容は、2012/06/18時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

入居者・騒音に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP