家賃滞納をしている入居者と連絡がとれない!契約の解除と退去をして欲しい!|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

×
←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 > 滞納 退去 滞納 >家賃滞納> 家賃滞納をしている入居者と連絡がとれない!契約の解除と退去をして欲しい!

家賃滞納をしている入居者と連絡がとれない!契約の解除と退去をして欲しい!

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:空の星さん
  • 相談日時:2022/05/16(地域:神奈川県)
line
気になった! 581
アパート賃料が頻繁に2・3か月滞納されるため、昨年3月に内容証明を送付し、一度滞納は解消しましたが、又3か月滞納となり、今回も賃料全額期日までに入金されなければ解除する旨内容証明書で送付しましたが、1か月分のみ入金され内容証明も11日間不在で返却されました。

ただこの間本人使用のレンタカーが駐車や出入りしており居留守と思われます。

電話も留守電にもなりません。保証契約及び管理会社もないため、対応に苦慮しています。

契約の解除と退去を求める良い方法はないものかどうかお教えください。
こちらの内容は、2022/05/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
コンサルティング
A&P Consulting
回答日時:2022/05/17

公示送達という方法もありますが、住んでいることが確認できると裁判所が認めない場合もあるので、とりあえず内容証明郵便と同じ内容を特定記録郵便(配達証明)で送り、その中で「2週間以内に賃料の支払いも何ら連…

続きを読む
【お礼】
早速ご回答頂きありがとうございます。
内容証明と特定郵便の2種類の郵便で送付して誠実な対応があるか確認するのですね。
恐らく良い反応は余り期待できないので、早々に訴訟を考えた方が良いのかもしれません。丁寧に解決の方法をお教えいただきありがとうございました。
空の星
こちらの内容は、2022/05/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2022/05/17

再度3か月滞納状態になったところで,弁護士に依頼して,賃貸借契約の解除及び建物明渡請求訴訟の提起を前提に賃料の催告をしてもらうのが良いと思います。

【お礼】
再度3か月滞納状況となった時点で改めて弁護士の方を通した賃料催告した方が良いとのアドバイスありがとうございます。
空の星
こちらの内容は、2022/05/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
司法書士
ゆき松司法書士事務所
回答日時:2022/05/17

1,契約の解除について
「3か月滞納となり、今回も賃料全額期日までに入金されなければ解除する旨内容証明書で送付」したとありますので、
 ア、「3ヶ月滞納」により期日を決めてその日までに全額の滞納家賃の支払いがないと解除の条件が成就し解除できます。
 ただ、内容証明郵便を受領しない滞納者は多くありますので、併せて特定記録郵便でも通知したほうがいいと思います。内容証明郵便でも流れは同じです

 イ、特定記録郵便であると、番号から滞納者へ郵便が到達したことは証明できます。
 滞納額全額の賃料を期限までに支払わないときは、賃貸借契約を解除するという通知は到達により効力を生じます。
確かに通知した内容までは第3者に証明できませんが、到達している事実は相談者から見れば、番号で検索すると分かりますし、相談者が通知書を作成しているので、その通知内容が到達していることは間違いありません。

ウ、従って内容証明郵便でなくても、特定記録郵便でも当事者間では条件付き解除の賃貸借契約通知の到達によって、有効に効力は発生しております。(被告が裁判において大家側から見て虚言して否認することはできますが、そのようなことまでして費用をかけて弁護士を雇い争う滞納者はほぼおりません、それでも3か月ほどの滞納があると要件該当しますので訴状や準備書面到達をもって、あるいは裁判の場で解除することもあります。)

エ、通常はその後訴訟(なお回答者の司法書士は簡易裁判所の訴訟代理もしくは、地方裁判所への訴状作成をとおしてお手伝いしております)になりますので、契約解除の通知が到達した事実、期限までに全額の賃料が支払われていない事実(通知後の支払いが滞納賃料1ヶ月分だけに過ぎない場合でも全額といえないので、賃貸借契約は解除できます)などを訴状に記載して提訴します。

オ、裁判においては、出頭しない滞納者も多く、欠席判決になることもあります。
出頭してきても、滞納の場合、通常被告には理由がないので、明渡判決になるのが通常です。

2,次にご質問の退去を求める方法について
上記のような裁判を前提とした手続きの流れのなかで、被告が退去するケースもあります。
また、それでも退去しない場合は、未払賃料が大きくなるに従い、あるいはすぐに大家の判断で強制執行の申立書作成を司法書士に依頼される場合もあります。
 このような明渡の強制執行を進める中でも、滞納者が退去するケースもあります。

【お礼】
契約解除や退去を求める方法について、順を追って具体的に回答をいただきありがとうございます。大変解りやすい説明で、今後の対応について参考にさせていただきます。
空の星
こちらの内容は、2022/05/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2022/05/31

自主管理が難しいようであればあれば不動産管理会社に依頼したほうが良いかもしれません。
退去を求めるのであれば弁護士にご相談したほうが良いでしょう。

こちらの内容は、2022/05/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

家賃滞納に関する記事を探す

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
最新回答アドバイザー

PAGE TOP