シェアハウスで入居者の1人が退去したことで契約違反が発覚!もう一人も退去させたいが…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
シェアハウスで入居者の1人が退去したことで契約違反が発覚!もう一人も退去させたいが…

シェアハウスで入居者の1人が退去したことで契約違反が発覚!もう一人も退去させたいが…

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ルカさん
  • 相談日時:2019/11/01(地域:熊本県)
line
気になった! 614
昨年の春、一軒家の空きを貸し出してすぐに若い女性2人で一緒にシェアハウスをしたいと申し込みに来られました。


快諾し、不動産をとおして契約しました。
片方の女性(以下A)さんの代表者契約で結びました。


契約者の名義はAさん、連帯保証人を2人立ててもらう形です。
それが、Aさんのお父様、そしてもう片方の女性(以下Bさん)のお父様です。


そして一年経った6月に、Aさんがご結婚をされるということで退去したいと申し出がありました。ただ、Bさんはそのまま残り住み続けたいとのことでした。


Aさんと結んだ契約の形が代表者契約であったため、Bさんがこのまま住み且つ一人暮らしをするということであれば名義変更ではなく新規契約になる旨、さらに一度お家の中を見させていただきたいとお伝えをしました。
(Bさんの荷物があっても構わないこともお伝えしておりました。)


お家の中を見させていただきたい理由は、Aさんがお家を“明け渡す”→新規契約 の流れであるからです。


さてそこから具体的な進展がないまま、2ヶ月が過ぎAさんは退去されました。しかし、お家の中の現状を確認することはおろか、Bさん、Bさんのお父様とも連絡がとれなくなってしまいました。


あまりにも連絡が取れなくて連絡がほしい旨を書面にしポストに直接投函しに行きました。そのときに分かった事実が、ペット禁止にしているにも関わらず7匹ほどの猫を飼っていました。


決まった期日までに家賃の振り込みがなく、またAさんはその物件にはもう住んでいないのにAさんの名義で住み続けていることも許せません。


速やかに退去させる方法はございませんでしょうか?御教示いただけましたら幸いです。最後に拙い文章で申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。
こちらの内容は、2019/11/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本コミュニティー株式会社
回答日時:2019/11/01

家主業を行ううえで大切なことは、
感情的にならず客観的に且つ契約書に則って判断していく事です。


今回のケースでは、
問題の相手…

続きを読む
こちらの内容は、2019/11/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
あさがお法律事務所
回答日時:2019/11/02

「お家の中を見させていただきたい理由は、Aさんがお家を“明け渡す”→新規契約 の流れであるからです。」

これはおっしゃる通りですね。
契約者が居ないので、不法占拠などを問題にしていくのがよいでしょう。
もっとも、内縁の方が、全く同じ利用で住み続けた場合ように単純に出てもらうのが難しいケースもあります。

いずれにせよ、黙認しているとなってはいけませんので、上記の点は何回か申し入れるべきでしょう。
契約を変更しないなら出てほしいことまでそえて、内容証明などにしてもよいと思います。
敷金なども本来は契約者との間で清算すべきですし。

「あまりにも連絡が取れなくて連絡がほしい旨を書面にしポストに直接投函しに行きました。そのときに分かった事実が、ペット禁止にしているにも関わらず7匹ほどの猫を飼っていました。」

猫の件は写真など記録に置いておきましょう。
室内の利用もペットがいると変わるでしょうし、それが7匹も居るなら、それも問題にできる事情になります。

最終的には、居座りそうな時は法的手続きを取るしかありません。
ただ、立ち退きを強制執行まですると時間も費用も相当にかかります。
なるべくは交渉で解決が良いでしょう。

こちらの内容は、2019/11/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/11/02

率直に申し上げますと、問題の本質を見誤っているのではないでしょうか?

この様な場合は、あくまでも契約内容から対応を判断しないといけません。
契約者はAさんということなので、何をするにも窓口はAさんでなければならないのです。家賃が遅れる場合でもBさんには支払う義務はありません。あくまでもAさんの責任です。

今回、Aさんは賃貸借契約を解除するとあなたに通知していますか?
通知がなければ、今も契約は続いており、理由なくBさんに出ていけとは言えません。
もし、契約解除を通知してきているのに、明け渡し期日になってもBさんが出ていかないというのなら、基本的にそれはAさんの責任です。

一番早いのはAさんと話をして、AさんがBさんに退去してもらうようにすることです。
それでもBさんが退去しない場合は、Bさんに対して建物退去請求をする(訴訟)という方法もありますが、時間もお金もかかります。

あくまでも書かれている状況だけの判断ですが、連帯保証人をつけ直すことや敷金を積み足すことを条件に契約者をAさんからBさんに変更することを認め、原状回復などの債務と言える部分に関してもBさんがすべて引き受けるとしたほうが、賃貸経営としては「利」があるのではないかと思います。


こちらの内容は、2019/11/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP