明け渡し訴訟の起こし方は?家賃滞納者の反応が全くないので退去してほしいが…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >家賃滞納> 明け渡し訴訟の起こし方は?家賃滞納者の反応が全くないので退去してほしいが…

明け渡し訴訟の起こし方は?家賃滞納者の反応が全くないので退去してほしいが…

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:ぴーちゃんさん
  • 相談日時:2019/09/16(地域:東京都)
line
気になった! 953
以前住んでいた一戸建物件を賃貸している大家です。
以前もこちらで相談させて頂いておりましたが、状況が変わりましたので再度のご相談です。


昨年11月分から家賃滞納が続き、電話や訪問等でコンタクトを試みましたが、全く応答がなく内容証明郵便にて、期日までに滞納分家賃の支払いがない場合は契約解除の通告を致しましたが応答がなく、それを踏まえて新たに再度明渡訴訟の準備をさせて頂いくことを、内容証明郵便にて通告書を郵送致しました。


簡易裁判所に建物明渡事件として訴状を提出致しましたが、16年前に離婚を期に転出していたことがわかりました。契約者本人の現住所が不明となり、訴状を簡易裁判所預かりと致しておりましたが市役所等のご協力で同じ県内に住んでおられることがわかりました。


そこで、明渡訴訟の起こし方なのですが、契約者本人に訴状を送付するだけでよいのでしょうか。


現在賃貸借契約した建物には、離婚された元妻(60歳代)に当たる方がひとりお住まいのようです。離婚されたということは契約者とは他人となるはずですので、今回の明渡訴訟とは別に不法占有とし訴訟を起こさなくてはいけないのでしょうか。


ご回答をよろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2019/09/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/09/17

離婚によって契約者本人が住んで居ないということは多々あるのですが、16年もの間、更新はなさらなかったのでしょうか?2年毎に更新をしていれば、この様な自体は避けられたかと思います。
続きを読む

【お礼】
回答ありがとうございました。
空き家にしておくのはもったいないし、近隣の方に対しての治安も悪いということで、子供の中学校卒業までという条件のうえ、親しくしていた近隣の方の紹介で気軽に賃貸してしまいました。すでに、現在の住居に引っ越していましたので、建物賃貸借契約証書は郵便でやり取り致しました。こちらの生活状況が変わり戻ることなく22年が過ぎてしてしまいましたが、その間一度も更新手続きをしませんでした。途中、家賃支払いが遅れていることのお知らせや、戻ることになった時には速やか明け渡ししてくださるようのお願い等を、電話(留守電に伝言)、ハガキ、手紙で連絡を致しましたが応答はありませんでした。今さら後悔しても遅いのですが、その時点で連絡の取れないことに疑問を持つべきでした。
契約者の離婚後の移転先に、現在までの経過をお知らせした上、滞納分家賃の支払いと建物明け渡しのお願いの手紙を郵送したいと思います。また、現在賃貸している建物に住んでいる元妻の方にも退去していただきたいと手紙を郵送したいと思います。
ぴーちゃん
こちらの内容は、2019/09/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答

ご質問の点ですが、

①住所については、簡裁から訴状と証拠とともに口頭弁論呼出状が被告である借主宛てに送達されます。送達できなかった場合には、夜間送達や休日送達の上申をし、それでも送達できなかった場合には、住所調査を命じられます。今の段階がどの段階なのかですが、宛て所に尋ね当たらずで返送されてきて、住所調査を命じられ、住所が判明した段階なのであれば居住場所を裁判所に上申をして送達をしてもらいます。それでも不在で返送されていた場合は、再度現地調査をして居住の事実を調査し、電気メーターや近隣の聴き取り、郵便ポストの状態、洗濯物の有無、生活用品の有無などのチェックをして居住が確認できれば裁判所に付郵便の上申をすれば、郵便物の発送と同時に送達の効力が生じたものとみなされて訴訟が始まります。あとは口頭弁論で欠席判決になるのか、被告が現れて話し合いになるのか、いろいろです。判決になれば、執行官に建物明け渡しの強制執行を申し立てます。最後までいくとかなり費用がかかりますので、途中、任意に交渉できることが好ましいです。

②離婚して居住している方は、さすがに賃借人の履行補助者とは言えませんので、居住している方に対しても所有権に基づく明渡し訴訟を提起する必要があり、これがないと明渡しの強制執行はできません。

こちらの内容は、2020/06/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

家賃滞納に関する記事を探す

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP