給湯器の修理取替費用は大家負担なのでしょうか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 給湯器の修理取替費用は大家負担なのでしょうか?

給湯器の修理取替費用は大家負担なのでしょうか?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:まささん
  • 相談日時:2020/12/22(地域:大阪府)
line
気になった! 860
初めまして。
早速ですが、家を貸しておりますが、賃借人の風呂の給湯器が壊れたと連絡がありました。

それで、契約書を見たら「本物件の屋根、柱、壁、梁、床等主要構造部の維持保全必要な修理費は甲の負担とする。

本物件内のキッチンセット、給湯器、換気扇、照明器具、排水設備のつまり畳、建具、塗装、クロス、カーペット、クッションフロア、フローリング、浴室内、水洗便所の付属部品等及び風呂の空焚きによる修理取替費用は乙の負担とする。」と書いてあったので「修理代 は出せません」と答えました。

契約書を作った不動産業者にも、先に賃借人から「風呂の窯が壊れました」といったそうです、それで不動産業者はいくらとは言わないで家主と相談してみれば、と返事したそうです。

それで、昨日賃借人さんと会いにゆきました。それで私から撤去費用と設置費用の分は私が出しますといったのです。

すると賃借人が六法全書みたいなもの(私は目が悪いので読んでもらいました)を出し、借地借家法も出してきて、そこには給湯器は私の責任で直さなくてはならない(大体の要約です)とのことです。

その日は、風呂の給湯器を見てみるとリンナイの風呂釜だったので、大阪ガスの見積もりでは37万ちょっとだったのでリンナイのガス器具をおいているところに見積もりを依頼したところです。

結論を決めずに、帰ってきたのですが、この場合は契約書が正しいのか、六方全書と借地借家法が正しいのかがわかりません。

どうしたら良いのでしょうか?

ご享受お願い申し上げます。
こちらの内容は、2020/12/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/12/22

契約書には給湯器に関しての記載はなく、給湯関係だとすると「風呂の空焚きによる修理取替費用は乙の負担」としかないようなので、これはあなた(大家さん)が負担をして直さないといけません。
仮に…

続きを読む
【お礼】
ありがとうございます。

「本物件内のキッチンセット、給湯器、換気扇、照明器具、排水設備のつまり畳、建具、塗装、クロス、カーペット、クッションフロア、フローリング、浴室内、水洗便所の付属部品等及び風呂の空焚きによる修理取替費用は乙の負担とする。(契約書)」と書いてあったので「修理代 は出せません」と答えました。

問題は給湯器の取替費用は、どちらが出さなければならないか?ということです。


まさ
【お礼】
ありがとうございます。

「本物件内のキッチンセット、給湯器、換気扇、照明器具、排水設備のつまり畳、建具、塗装、クロス、カーペット、クッションフロア、フローリング、浴室内、水洗便所の付属部品等及び風呂の空焚きによる修理取替費用は乙の負担とする。(契約書)」と書いてあったので「修理代 は出せません」と答えました。

問題は給湯器の取替費用は、どちらが出さなければならないか?ということです。


まさ
【コメント】
契約書には、給湯機についての記載がありませんので、給湯器は賃貸している建物の設備であるので大家であるあなたが負担して修理または交換する必要があります。

借主が負担する義務はありませんし、借主が負担した場合は、あなたはその費用を借主に支払わないといけません。
株式会社三野 北前店
こちらの内容は、2020/12/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2020/12/22

民法の原則では,賃借人のいうとおり,賃貸人に修繕義務があります(民法606条)。

ただ,給湯器が故障しても修繕義務(修理・交換義務)を負わないという特約が賃貸借契約書に明記してあれば,当事者間の特約の方が民法の一般規定(任意規定といい,いわば特約がない場合のデフォルトルールです)よりも優先しますので,修繕義務を負わないことになります。

【コメント】
「本物件内のキッチンセット、給湯器、換気扇、照明器具、排水設備のつまり畳、建具、塗装、クロス、カーペット、クッションフロア、フローリング、浴室内、水洗便所の付属部品等及び風呂の空焚きによる修理取替費用は乙の負担とする。(契約書)」

という規定があるということで,「排水設備のつまり畳」のところが何か省略されている気はしますが,おそらくは,給湯器の修理取替費用は賃借人の負担という特約と解釈して良いだろうと思います。

その場合,特約が民法の規定よりも優先します。
弁護士秋山直人
【お礼】
ありがとうございました。また何かあれば。連絡させていただきます。
まさ
こちらの内容は、2020/12/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
あさがお法律事務所
回答日時:2020/12/23

負担範囲は、特約で明示的に定めればそれが有効です。
(曖昧な定めだと無効なことがあるので注意してください)

そういう定めがない場合、家を貸す義務があるわけですから、通常家を貸すと言える範囲については大家さん側に責任があります。

給湯器については、その設備次第です。例えば風呂有の条件で貸しているなら、風呂の給湯器が壊れたら大家さん負担です。

しかし、後付けの台所の小型給湯器が壊れた場合などは、家を貸す範囲に湯が出る台所が含まれていない場合は、賃借人負担と言うこともあります。

こちらの内容は、2020/12/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP