給湯器の寿命は何年?賃貸借主からの故障していない古い設備の交換要求にどう対応すべきか|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
給湯器の寿命は何年?賃貸借主からの故障していない古い設備の交換要求にどう対応すべきか

給湯器の寿命は何年?賃貸借主からの故障していない古い設備の交換要求にどう対応すべきか

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:アルさん
  • 相談日時:2019/04/23(地域:東京都)
line
気になった! 800
もともと自分が住んでいたマンションを一時的に定期借家・自主管理で賃貸しています。

給湯器が18年と年数がたっており、借主さんは年数を理由に新しく取り替えるよう度々連絡をしてきます。

現状で使い続けていただくというのは難しいのでしょうか?


入居してから5か月にわたって給湯器の調子が悪いと連絡してくるので、2回業者さんに見てもらったいましたが2度とも故障はしていませんでした。たしかに古いものですが、自分が使っていた時はジムに行って使用頻度は週1程度でした。


借主さんはかなり細かい方で水栓のカッチという音でノイローゼになると、そのまま使ってくださってもという箇所でも、新しく交換するまで納得されません。


5ヶ月にわたり、1ヵ所交換が終わったら次という風に、なおしてほしい箇所を次から次にあげてこられます。

こちらが参ってしまいそうです。アドバイスをお願いします。
こちらの内容は、2019/04/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/04/23

自主管理あるあるですね。
管理会社を入れないというのは、この様なリスクがあるのです。
また、プロの場合は(全てではありませんが)不要な要求はしないようにハッキリと伝えます。…

続きを読む
【お礼】
ご返答ありがとうございました。
初めての自主管理で、自分自身が右往左往するばかりで
した。これからは線引きをしてある程度はこちらの言い分も伝えようと思います。参考になります。
アル
こちらの内容は、2019/04/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産アドバイザー
小澤 慎太郎
回答日時:2019/04/24

故障していない場合は、入居者希望での交換になりますので、私の場合は新しい物の交換費用の幾らかを負担して頂いています。
賃貸と言えども、自分所有と同じ管理の下に部屋を使用するのが賃借人の務めだと私は思いますので、使えるのであれば交換はしないのが普通だと思います。
特に給湯器の場合は、新しいの比べて特段性能が劣る訳でも無いと思います。
そして何よりも、なんでも入居者の言っている事に対応していたらこちらの身が持ちません。
ある程度は、入居者自身で解決すべきだと思います。

【お礼】
借り主さんにいくらか負担頂くというのは、
自分では出てこない策で、たいへん参考になりました。ありがとうございました。
アル
こちらの内容は、2019/04/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/04/24

原則は機能に問題なければ交換する必要はありません。
ただ、18年経過した給湯器でしたら、水温が不安定になる等、何らかの症状が出ているのではないでしょうか。
恐らく、支障が出るまでそう遠くはないと思いますので、事故防止の観点からも事前に交換することをご検討なさってはいかがでしょうか。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ご回答ありがとうございました。
ご意見を参考に、消費税も上がりますし将来的に検討しようと思います。
アル
こちらの内容は、2019/04/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
賃貸管理 関連記事

PAGE TOP