生活保護受給者の度重なるトラブルを理由に退去させたい!立ち退き料を支払う必要はありますか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>入居者トラブル>
生活保護受給者の度重なるトラブルを理由に退去させたい!立ち退き料を支払う必要はありますか?

生活保護受給者の度重なるトラブルを理由に退去させたい!立ち退き料を支払う必要はありますか?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:ゆみさん
  • 相談日時:2019/11/27(地域:千葉県)
line
気になった! 633
母がアパートを持っており、そこには生活受給者の方が住んでいます。


その方は、入居時には特段問題はありませんでしたが、このところアルコールへの依存度や、鬱が重くなっているように感じます。


酔って、アパート敷地内で寝てしまったり、夜中に同じアパート内の住民宅へ出向いたり、他の住民に迷惑をかけることがあるようです。


先日、小火を起こしたとのことで、夜中に消防自動車等が出動する騒ぎになりました。しかし、管理会社には報告せず、同じアパートの住民から話を聞いて事実を知ったとのことです。


小火を出しておきながら報告もせず謝罪も無く、問題行動を度々起こす入居者を、できるものなら退去させたいと思っています。


また、管理会社の話によると、アルコール依存症なのか、話をしている間に幻覚症状など(管理会社にて「ビールください」と言ったり、何か飲むような動きや、突然寝る、会話にならない)が見られるとのことで、今後も入居をし続けることに不安があります。


家賃の滞納等はないのですが、上記の点から退去してもらうことは可能なのでしょうか。また、立退料等は支払わなければならないのでしょうか。
こちらの内容は、2019/11/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/11/27

賃貸人(大家さん)から契約を解除することは「信頼関係の破壊」がないとなかなか難しいです。

小火といってもどの程度のものだったのかというものありますので、一概には言えないの…

続きを読む
こちらの内容は、2019/11/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/11/28

明らかな迷惑行為があった場合、それが事実であれば改善を求めることを粘り強く続けていくことが必要だと思います。
消防車が出動したとのことですが、その場合、消防隊から管理会社に連絡が入ると思いますが、それがなかったのであれば体制を確認された方が良いと思います。
いずれにしましても、事件の可能性があれば警察に通報することも躊躇せず、最終的にはその証拠を重ねたうえで法的手続きを執ることになるのではないでしょうか。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2019/11/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
六甲法律事務所
回答日時:2019/11/28

そもそも賃貸借契約について、相手の行動を理由に契約を解除するためには、
お互いの信頼関係が破壊されたと言えるほどの事情がなければいけません。

賃料でいうと、2ヶ月ぐらい遅れても微妙なところがあり、3ヶ月以上遅れれば信頼関係が破壊されたと認められやすい傾向にあります。

そういう意味でいえば、相手のトラブルがどの程度のものなのかが問題となります。
借り主としては、用法遵守義務や善管注意義務など目的物を適切に使用する義務は負っているので、
ご指摘の部分はこの違反と指摘することはできるかもしれません。
ただ、それでも信頼関係が破壊されたとまで言えるかは微妙なところがあるように思います。
(ざっくり言えば第三者から見てもひどいなと思えるような事情があれば解除できる余地があります)

信頼関係が破壊されたとまでは言えないことを前提に、それでも退去を求めるのであれば、上記の点はそれはそれで指摘はしつつも、やはり一定の立退料を払う前提で交渉していくこと得策ということにはなるでしょう。特に生活保護世帯であれば、退去しての引越しは費用的にも難しいかもしれませんので、これ以上のトラブルを回避するための出費と割りきってお金を支払い、早めに退去させるのも1つの方策です。

ちなみにすでが、別の方法として、
法的な有効性が絶対にあるというものでもありませんが、
「以後、・・(具体的に)・・をしたら、1ヶ月以内に退去します」の誓約書や合意書を作成し、もうしばらく様子をみた上で、さらに問題行動が起きればそれを提示して退去を求めるということも考えてもよいかもしれません。ご参考までに。

こちらの内容は、2019/11/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2019/11/30

状況によりますが管理会社と相談の上ケースワーカーを含め相談してみてはいかがでしょうか

こちらの内容は、2019/11/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP