不動産会社や工事業者に家賃の損害賠償を請求することができるでしょうか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 不動産会社や工事業者に家賃の損害賠償を請求することができるでしょうか?

不動産会社や工事業者に家賃の損害賠償を請求することができるでしょうか?

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:yoshiさん
  • 相談日時:2020/07/29(地域:埼玉県)
line
気になった! 573

一戸建ての住宅を賃貸していましたが、昨年4月に解約しました。
その際、原状回復工事には影響を与えない、入居中の契約違反について借主と意見が対立し、協議が続きました。

賃貸に関する業務は、借主との間で交わされた賃貸借契約書に基づいて不動産会社に委託してあります。(入居者募集から契約、解約、現状回復工事まで基本的に同一会社です)

当初、不動産会社は5月中旬入居可能とインターネットなどで募集をかけてくれていました。4月から5月にかけて2~3組の内覧があり、ゴミの集積場所、エレクトーンを弾いても良いかなどの問い合わせもありましたが現状回復工事が始まらず立ち消えになってしまいまいした。
その後、募集広告から「5月中旬入居可能」の文字がなくなりました。(募集の画面そのものは以前同様です)連絡もなく、原状回復工事が一向に始まらないので、7月に入って、今の工事業者がやってくれないのなら別の工事業者に頼んで下さいと不動産会社に電話をしました。

それにより、やっと工事業者が見積書を作り、7月から工事開始となりました。ところが1日か2日工事をしたら、しばらく中断の連続で全て終わったのは10月10日でした。なぜこれほど期間が長くなったか聞くと「契約違反の協議で敷金の精算が遅れているから」という答えでした。

賃貸借契約書には「借主は貸主に対して本契約が終了したときは、現状に回復のうえ、無条件にて直ちに明け渡すものとする。」とあります。
この契約書に基づいた業務を受託した不動産会社が、その責任の下で再委託した工事業者の工事遅れにより、予定より5ヶ月間も入居できない期間が長くなり、その結果得られたであろう家賃収入がなくなりました。

この場合、不動産会社や工事業者に家賃の損害賠償を請求することができるでしょうか?。因みに、物件はターミナル駅から徒歩8分と立地も良く、新しい借主が10月中旬契約、下旬に入居しています。
こちらの内容は、2020/07/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/07/29

契約書はありますか?
契約があり、そこで決められた工期に間に合わない場合は、契約の内容にそって損害賠償請求は出来ますが、入居していない家賃を請求することは出来ません。
契約…

続きを読む
【お礼】
お忙しいところご回答頂き、ありがとうございました。だいぶ考え方の整理ができました。
yoshi
こちらの内容は、2020/07/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP