賃貸中の事業者が1年以上の滞納で家賃滞納額は数百万!回収できそうにない場合の対応は?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>家賃滞納>
賃貸中の事業者が1年以上の滞納で家賃滞納額は数百万!回収できそうにない場合の対応は?

賃貸中の事業者が1年以上の滞納で家賃滞納額は数百万!回収できそうにない場合の対応は?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:夏みかんさん
  • 相談日時:2017/12/19(地域:東京都)
line
気になった! 640
賃貸中の事業者が家賃を1年以上滞納しており困っています。
該当物件は、建築時に先方の要望により、設備をデイサービス仕様に仕立ててあり、まだ契約満了まで2年以上残っています。
先方は2拠点のデイサービス事業を経営しておりその内の1つが当方のアパートを賃貸していますが、経営悪化により滞納が続き、現在の家賃滞納額は数百万になっています。
これまで、未納分の借用書を取り交わしたり、返済計画書を提出していただいたり、催告書を提示して受領サインをもらったり等の手段で何度も催促しているのですが、全て約束通りの入金をしていただけていません。
口頭やメールで何度催促しても、頑張って支払うのでもう少し待ってほしいという発言を繰り返しますが、実際の支払が無いという状況が続いています。
話によると支払う原資が全くない模様である為、弁護士に依頼しても報酬費用も回収できそうもありません。
このような場合、どのようにしたら良いかアドバイスいただけますと幸いです。
こちらの内容は、2017/12/19時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/12/20

おそらく・・・資産を他に流用しているなどではないでしょうか?
社長や役員から連帯保証は取っていますか?
連帯保証があればよいのですが、なければ連帯保証を取り、その上で訴訟を…

続きを読む
【コメント】
ご回答、ありがとうございます。

その後、保証人の連絡先が判明しましたので、保証人に催告書を渡そうと思います。
さらに、保証人とは近日中に本人と一緒にアポイントが取れましたので、催告書を手渡しして受領サインをもらう形を考えていますが、手渡しではなく内容証明郵便の方がよろしいでしょうか?

また、相手の資産を掴むとありますが、保証人の他に何かできる事があればご教授いただけますと幸いです。上手く聞き出したり調べる方法がありますでしょうか。

大変、参考になりました。
ありがとうございました。
夏みかん
【コメント】
今後のやり取りは、できれば手渡しではなく、証拠として残る内容証明郵便などのほうが良いです。取決めも、簡単な覚書などではなく、公正証書とし強制執行できる内容にしておくとよいです。

相手の資産状況の調査とは、少なくとも取引先の金融機関とその支店名、その他の取引先やお金を得ている先、法人としての資産などです。連帯保証人も同様です。

なお、連帯保証人と保証人はまったく違いますので、経営者には連帯保証人になってもらってください。
株式会社三野 北前店
【コメント】
催告書等のやり取りは証拠の残る内容証明で送り、
現状の保証人を連帯保証人に変更して契約書を締結しなおす方が良いという事ですね。

ありがとうございました。
夏みかん
こちらの内容は、2017/12/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
弁護士法人 星野・長塚・木川法律事務所
回答日時:2017/12/20

東京都港区の弁護士です。

結論からいうと一刻も早く債務不履行解除をし明渡請求提訴の上,退去手続きをとるしか方法はありません。
このまま放置すると,家賃収入の分だけ損失が発生するだけですので,早急に解除の上,訴訟で明渡を求めるべきです。

滞納家賃は判決をとっても資産がなければ事実上回収できませんが,このままでは,損失が拡大する一方ですので,もはや滞納家賃回収をいっている状況ではなく,早期に強制退去手続きをとり,これ以上の損害の拡大を防ぐことが重要です。

滞納家賃回収に拘りさらに損失を拡大させるのではなく,見切りをつけ,解除明渡により損害拡大回避を最優先とするべきです。

本件でも訴訟を通じた強制退去が可能です。

手続は,期限付きの催告兼解除通知を配達証明及び特定記録で送付し,解除の効力発生後,訴訟提起して判決を得て,強制執行により明渡の実現を図ることになります。

判決取得後,滞納家賃の強制執行も可能となりますが,資産がなければ回収可能性は低いでしょう。

滞納がある案件は,裁判手続きを早期に終結できるで,ご相談から2,3か月程度で終わることもあります。

一度早めに直接弁護士に相談してみてください。

※当事務所でも家賃滞納による不動産明渡の案件を多く取り扱っております。
ご不明な点等ございましたらお気軽にメールや電話にてお問い合わせ下さい。

参考URL:http://www.chintaikeiei.com/answer/b_hoshino/
【コメント】
ご回答、ありがとうございます。

その後、保証人の連絡先が判明しましたので、保証人に催告書を渡そうと思います。
そして、保証人もその催告書通りに返済されなければ、見切りをつけて催告、明渡しにすすめた方が良いという事ですね。

大変、参考になりました。

夏みかん
こちらの内容は、2017/12/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/12/20

現状の入居者に資力がなければ、新たな入居者を見つけることが被害を最小限に食い止める方法になると思います。
明渡し及び債権回収について、不動産に精通した弁護士にご相談なさってください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【コメント】
ご回答、ありがとうございます。

並行して、次の業者を探すのが重要だという事ですね。

知識が無いもので、どのようにしたら別のデイサービス事業者を探せるのか、退居合意前にでも次を探せるのかが気になりますので、勉強いたします。

ありがとうございました。
夏みかん
こちらの内容は、2017/12/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

家賃滞納に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP