退去勧告も行い、立退き費用も負担したのに!借主が退去してくれない…|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >立退き 強制退去> 退去勧告も行い、立退き費用も負担したのに!借主が退去してくれない…

退去勧告も行い、立退き費用も負担したのに!借主が退去してくれない…

解決済み 回答数:5件
  • 質問者:かなすけさん
  • 相談日時:2017/02/14(地域:三重県)
line
気になった! 301
2年前、、知人より管理できないので買い取ってほしいと言われ賃貸倉庫契約のまま引き継ぎ不動産を購入しました。
賃貸人は売却の際はすぐに退去すると了承していると聞いていました。
書面での契約書はありません。家賃月20000円の滞納もありません。

昨年11月末に売却が決まったので、電話連絡にて連絡し、1月末に退去して欲しいと伝えました。
12月頭に現地で会い、買主から早急な引き渡しの依頼があったので、倉庫に入れている材木の運搬費用をこちらで負担するので12月末で退去してほしいと伝えると、無理と言われましたが、その後何度か電話のやり取りがあり、入れている材木の運搬費用(234,000円)をこちらで負担することで1月10日までにその他の荷物も撤去してもらう約束を奥さんとしました。

その後もいろいろやり取り、問題はありましたが、ご主人本人が1月10日までにその他の荷物を撤去しておらず、最初1月末までと言ったのにどうして勝手に日を決めるのか?と言うので、しぶしぶ1月末まで待つことにしましたが、1月30日の早朝4:55分にご主人本人から電話が入り1月末は無理と言ってきました。
既に、材木の運搬は済んでおり、あとはその他の荷物だけです。買主さんには3月1日に更地にしてからの引き渡しを迫られており、困っています。
2月20には完全退去してもらわないと間に合いません。
ご主人は、現在うつ病で、話し合いの途中に、「そこでくびを吊って死んでめちゃくちゃにするぞ!」というようなことも言ったきます。

民法の3か月以上前の退去予告の代わりに立ち退き運搬費用も負担しているのに、法律的には期間を短縮しての退去のお願いは無効なのでしょうか?
1月10に退去するとか、1月末までと言ったやないか!と言っていると言うことは、退去に同意したことにならないのでしょうか?引き渡しの日にちが迫っているので、良い方法を教えてください。
こちらの内容は、2017/02/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2017/02/15

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

引渡が迫っている中で非常に難しい問題が発生していますね。

続きを読む
こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2017/02/15

きちんと、相手と合意書を交わし、
明渡と引き換えに立ち退き料を支払うこと
立退きしない場合は倍額の賃料等の違約金を取ることなど
を明記しておかなかったので
発生した問題だと思います。

法律上は、口頭の合意に基づき
訴訟をして明け渡しを求めることが可能ですが
売買の決済には間に合わない可能性があります。
なかなか良い方法はないので
口頭での約束を繰り返し言って
任意に明け渡してもらう他方法はないと思います。

こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/02/15

本来でしたらお客様が費用を負担する際に退去合意の書面を取り交わすべきだったと思います。しかしながら、既に負担している費用が立ち退きによるものということが立証できれば立ち退きが認められる可能性があると思います。いずれにしましても、任意で困難でしたら明渡訴訟を提起する必要がありますので、不動産に精通した弁護士にご相談なさってください。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/02/15

約束を書面で残さなかったのは痛いですが、なんとか挽回できるかもしれません。

自分自身だったら、まずはICレコーダーを忍ばせて奥さんに「平成29年1月末日で退去する約束してくれましたよね?」と聞いて相手が肯定する様子を記録に残します。(相手をフルネームで呼ぶことも忘れずに。)旦那さんには材木の運搬費用をあなたが負担することを条件に、1月末で退去する約束をしたことを同じように確認しICレコーダーに残します。可能ならば「そこでくびを吊って死んでめちゃくちゃにするぞ!」などの脅しも記録できるとなお良いです。

以上がそろった時点で、奥さんに「退去しないのなら証拠もそろっているので損害賠償請求するし、自殺するようなことになったらそれも損害賠償請求する。」と伝えて自己のおかれている状況をお知らせします。

もちろん、同時に引渡しを少し延ばしてもらう交渉を買主にしておく事も忘れずに。

私でしたら、引渡しが伸びたことで生じた損害も請求します。

こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2017/02/22

明け渡しの詳細を記載した合意書面を作成すべきだったと思います。
但し口頭でも約束は成立します。よく話し合って解決するか弁護士への依頼になるでしょう。

こちらの内容は、2017/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

立退き・強制退去に関する記事を探す

関連キーワード

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP