相続による賃貸人の変更を拒否することは可能?高齢入居者が死亡した際の契約更新の対応|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>賃貸契約・更新>
相続による賃貸人の変更を拒否することは可能?高齢入居者が死亡した際の契約更新の対応

相続による賃貸人の変更を拒否することは可能?高齢入居者が死亡した際の契約更新の対応

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:むーさん
  • 相談日時:2019/06/03(地域:神奈川県)
line
気になった! 649
契約更新を控えております。連帯保証人について質問です。

現在の連帯保証人が同居の高齢の父親という世帯なのですが、早く退去してもらいたく、もし亡くなったら相続される妻への変更を拒否することは可能でしょうか?

妻も高齢であるため、認知症の初期症状があるようです。
こちらの内容は、2019/06/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2019/06/03

むーさん

こんにちは日本AMサービスの堂下と申します。
早速ですが、賃貸借契約書の条文に契約者が亡くなった場合の
規定などはありますでしょうか…

続きを読む
【コメント】
堂下様
ご回答頂き、大変ありがとうございます。
まだはっきりした認知症の症状が困るレベルでないのですが、アパートの2階に住まわれている為、階段で事故があると大変な事になると懸念している所です。
また、連帯保証人(賃借人の父親)も同居しており、今後相続した場合に妻が認知症と診断されている可能性が高いと思われます。
退去を促せない以上、その時に保証会社を通すか、今から保証会社を入れてもらうお願いする事は可能でしょうか?
むー
【コメント】
追伸)
契約書には「借主が禁止又は制限される事項として、連帯保証人を変更する事」という記載はあります。死亡した場合の条項はありません。
むー
【コメント】
そうでうすね、素直にオーナー側から階段の事などを心配していると伝えて、
連帯保証人を保証会社に変更をして貰うように促せば、波風が立たない様に思います。
保証会社の費用もオーナー側が負担する事もできるので、リスクを考えて
費用を支払う事も検討されても良いと思います。
日本AMサービス
【お礼】
度重ねてご返答頂き、ありがとうございます。
保証会社を大家の側で支払う事にはいささか抵抗したい気持ちもありますが、現時点で変更を依頼するには仕方ない事も理解してきました。
12年程前に入居される時に、もっと想像を働かせるべきだったと、後悔しております。
いずれにしても、連帯保証人が同居していて同一生計というのは、意味をなさないのですね。
ご教示下さり、本当にありがとうございました。
むー
こちらの内容は、2019/06/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/06/03

認知症状がある場合は、法律行為は出来ないので連帯保証人にはなれません。
したがって、入居者には他の連帯保証人を用意するか、家賃保証会社などを利用するように求めたらどうでしょうか?

ただ、この様な場合は丁寧に事態を説明し、保証会社の利用に理解を貰うほうがよいです。

【コメント】
的確なアドバイスを頂きありがとうございます。
認知症の診断を受けているかが、今のところ微妙です。そうなると認知症と分かった時点で変更を伝えるしかないのか悩む所です。
また、保証会社を大家の意向で許可しない場合は新たな連帯保証人を立てられないとなった時に、退去を迫ることは可能でしょうか。
むー
【コメント】
賃貸借契約の場合は連帯保証人の地位が連帯保証人として不適格な人に相続されても消費貸借のように「一括返済」を求めるというような行為ができない(消費貸借でも厳しくなりましたが・・・)ので、他の連帯保証人を立てることに固執せずに、保証会社の利用で補うほうがよいでしょう。
連帯保証人が立てられないというだけでは、正当事由にはならないので退去させることは難しいかと思います。
株式会社三野 北前店
【お礼】
ありがとうございます。正に、気になっていることのご回答でした。なかなか大家の側からみると厳しいものですね、正当事由というのは。
でも今後に向けて大変参考になりました。お礼申し上げます。
むー
こちらの内容は、2019/06/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/06/04

相続を拒否することはできませんが、借主に対し連帯保証人が貸主側の基準に達しないということで変更を求めることは可能です。
今後の対策としましては、借主に滞納が発生した際、すぐにアクション出来る態勢を整えておくことではないかと考えます。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ありがとうございます。連帯保証人の変更を大家の基準に満たないという理由で認めない事が出来るのは、現時点で唯一の救いです。
また、そのタイミングを逃しては退去に持ち込むことは出来そうにないので、いつになるか分かりませんが、知識を得られた事に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
むー
こちらの内容は、2019/06/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
賃貸管理 関連記事

PAGE TOP