相続人(連帯保証人)が相続放棄した場合の賃貸解約や退去対応とは?入居者死亡での大家の対応について|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>退去・敷金トラブル>
相続人(連帯保証人)が相続放棄した場合の賃貸解約や退去対応とは?入居者死亡での大家の対応について

相続人(連帯保証人)が相続放棄した場合の賃貸解約や退去対応とは?入居者死亡での大家の対応について

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:あんたさん
  • 相談日時:2018/09/28(地域:大阪府)
line
気になった! 794
入居されていた方が亡くなりました。

そこで解約の話があちらから出たのですが、数日後相続放棄するから解約は法律的にできないと言われました。

連帯保証人のご両親も相続放棄を考えており、解約や退去にあたる片付け等はする事ができないとおっしゃられました。

ただ解約しないと支払う義務があるのは理解されており、退去費用等は支払う意向があるそうです。

この場合全員が穏便に済ます方法はありますでしょうか?
こちらの内容は、2018/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/09/28

相続を放棄されると、その人が解約をすることは出来ません。
まずは、他に親族がいないか確認してください。
契約書とその方が亡くなったことが分かる物があったらそれももって役所に…

続きを読む
こちらの内容は、2018/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
赤坂見附法律事務所 弁護士 水田匡之
回答日時:2018/09/28

弁護士の水田です。

解約や解除の手続も一応は問題ですが、契約が終了しても退去がなされなければ、家賃相当額の使用料の支払義務が生じますので、結局は誰が家賃相当額や退去費用を負担するか、を検討する必要があります。

文面からは明らかではありませんが、「連帯保証人=入居者のご両親」ですか?
それならば、連帯保証人固有の義務として、退去費用の負担を求めるのがよいと思います。

亡くなった入居者に遺産がなければ、誰かが想定外の負担をしなければなりませんので、「全員が穏便」というのはなかなか難しいです。
ただ、家主として質問者様が負担を少なくする方法はあると思いますので、専門家にご相談いただくのがよいでしょう。

こちらの内容は、2018/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

退去・敷金トラブルに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP