テナントから水道供給工事の費用負担を要求されたが工事費は大家負担ですか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
テナントから水道供給工事の費用負担を要求されたが工事費は大家負担ですか?

テナントから水道供給工事の費用負担を要求されたが工事費は大家負担ですか?

解決済み 回答数:3件
line
気になった! 709
以前オフィスだったテナントを飲食店に貸し出しています。


オフィスだったためテナント内に給水がなかったのですが、店子からテナント内までの設備供給義務は大家にあるので、共用部から水道を分岐し、テナント内に引き込むまでの工事は大家が負担すべきと言われました。

他の階のテナントは皆自己負担で共用部から水道を引き込んでおり、そんなことを言われたのは初めてです。


本当に大家が負担しなければならないものなのでしょうか?
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本コミュニティー株式会社
回答日時:2019/10/10

このような事案は本来契約前に話合い、
契約書に明記しておかなければなりません。

事務所仕様の建物を飲食店舗仕様に変更するためには、
給水設備、…

続きを読む
【お礼】
ありがとうございます。事前に特に取り決めはしていませんが、契約書には内装造作諸設備工事はテナントが自分で行うと決めています。今回は給排水共にもともと入っていたようなのですが、給水管が死んでおり新たに共用部分からテナントへ引き込み直した状況だったようです。借主が言うには共用部からテナント内への給水管はテナント退去後も残り、次の借主も一次側工事をせずに使えるので家主の財産と考えるべきだとのことです。
ビルオーナー
【コメント】
借主の言う事が間違っているわけではありません。
正しい、正しくないという問題ではなく、
契約前に取決めしておく問題です。
契約後にでてくる問題は双方が協議して取り決める事になります。

今回、契約書に明記しているのであれば、
契約書の条文は「共用部からの引込も含んだ意味である」という事を主張し納得してもらうほかありません。
日本コミュニティー株式会社
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/10/10

オフィスで給湯のためのミニキッチンやトイレはなかったのでしょうか?

テナントならば一般的に現状有姿で貸し出して、内装の全てが借主負担、退去時には元に戻すという契約になっているのが一般的です。また、躯体部分に変更を加える場合は貸主の許可を得る必要があるとなっているのではないでしょうか?

もし、給排水が全くない場所を紹介したとしたら、仲介した不動産会社は重要事項説明で必ず給排水がないことを説明しているはずです。万が一重要事項説明がないとしたら、それは仲介会社のミスです。

また借主も給排水がないことを知って契約をしているはずですので、自己の事業のために工事をするのならば、その費用は借主が負担すべきものです。

【お礼】
ありがとうございます。事前に特に取り決めはしていませんが、契約書には内装造作諸設備工事はテナントが自分で行うと決めています。今回は給排水共にもともと入っていたようなのですが、給水管が死んでおり新たに共用部分からテナントへ引き込み直した状況だったようです。借主が言うには共用部からテナント内への給水管はテナント退去後も残り、次の借主も一次側工事をせずに使えるので家主の財産と考えるべきだとのことです。
ビルオーナー
【コメント】
「引き込み直した状況」ということは、事後に請求されたということでしょうか?

仲介での契約ではなく、あなたと直接の契約なのでしょうか?
一般的には不動産会社が仲介をして重要事項説明のなかで設備の状況などを説明するのですが、そのような説明はしていなかったのでしょうか?

説明があったのなら予め分かっていたことなので請求するのはおかしいですし、説明がなかったとしても本来は給水が使えないことを所有者であるあなたに伝えて、協議してから工事をすべきものでした。
事後に言われても元の給水が使えなかったかどうかは確認ができないので、今回敷設した給水管も含めて原状回復で元に戻すこととして、今回の工事については負担はできないとして説明したらいかがでしょうか?
テナント側の主張は、退去後に財産として残るから所有者の物にしておくべきだということですので、主張の根幹である「残る」ということを原状回復で元に戻せと要求することで否定して、相手の主張を切り崩す方法で考えてみたらいかがでしょうか?ただし、実際に話すときは口語で優しく丁寧に伝えるようにしてください。
株式会社三野 北前店
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/10/11

契約時の取り決めによると考えます。現状有姿での引渡しでテナントも給水設備がないことを認識していればテナント負担となるでしょうが、そうでない場合は、専有部までの最低限の引き込みは貸主により行うことになるでしょう。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ありがとうございます。事前に特に取り決めはしていませんが、契約書には内装造作諸設備工事はテナントが自分で行うと決めています。今回は給排水共にもともと入っていたようなのですが、給水管が死んでおり新たに共用部分からテナントへ引き込み直した状況だったようです。借主が言うには共用部からテナント内への給水管はテナント退去後も残り、次の借主も一次側工事をせずに使えるので家主の財産と考えるべきだとのことです。
ビルオーナー
こちらの内容は、2019/10/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP