常識を超えるような部屋の使用をしていた場合の原状回復工事負担割合について|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>建物管理 不動産管理>
常識を超えるような部屋の使用をしていた場合の原状回復工事負担割合について

常識を超えるような部屋の使用をしていた場合の原状回復工事負担割合について

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:成功★太郎さん
  • 相談日時:2019/10/05(地域:東京都)
line
気になった! 675
・部屋の使用状況が常識の範囲を越えていると思われる場合の原状回復工事負担割合について


このたび1件、所有アパートにおいて退去があり、30㎡くらいの1DKでおよそ110万円の現状回復工事見積もりが出てまいりました。
(ちなみに成約賃料は、30,000~35,000円の間です)


退去後の写真を見る限り、タバコのヤニや水周りなど、あまりにも部屋の使い方がひどく、不動産業を20年以上経験しておりますが、経験したことがないような部屋の状態です。


経年劣化部分であれば、当然賃貸人の費用と責任でと考えておりますが、常識を超えるような部屋の使用をしていた賃借人に対しても相応の負担を求めたいと考えております。
(できれば80%、最低でも60%)


私のこのような考え方について、皆様方の貴重なご意見を賜りたく存じます。
どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます
こちらの内容は、2019/10/05時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/10/07

原状回復工事につきましてはご存じかと思いますが国交省が指針として出しております「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(通称ガイドライン)を基準として考えます。裁判でも同じです。
この…

続きを読む
【お礼】
大変参考になりました。
特にタバコの部分、私も同じく解釈しておりました。
このたびはご回答、誠にありがとうございました。
成功★太郎
こちらの内容は、2019/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2019/10/05

タバコのヤニについては賃貸されている建物がタバコを禁止している(契約書に明記されている)物件出ない限り経年劣化が考慮されます。
その為、タバコのヤニがひどい場合でも必要以上の請求は難しいと思います。
また、常識の範囲を超える使用の仕方とありますが、具体的にどのようなものかが明記されていない以上正確な判断は出来かねます。
例えば水回りにでも使用後の手入れが悪く油汚れがひどい場合なども通常は善管注意義務違反となりますが、経年劣化が考慮されるケースもあります。
まずは今回の契約書にどこまで請求できる契約書でその内容が法的にも認められるかという確認をすることが必要です。

【お礼】
早速のご回答、誠にありがとうございました。
管理会社の対応も遅く、契約内容をしっかりと確認してみます。
成功★太郎
こちらの内容は、2019/10/05時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/10/07

入居期間等にもよりますが、明らかに使用方法に問題があるようですので、一定額の請求は妥当性があるものと思われます。いずれにしましても、国交省のガイドラインに則り、訴訟の際にも耐えうるような請求内容になさってください。
また、原状回復工事の相見積もりによるコスト削減もご検討なさってはいかがでしょうか。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】

はい、訴訟に耐えうる資料を作成していきたいと思います。
このたびはご回答、誠にありがとうございました。


成功★太郎
こちらの内容は、2019/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
国土管理 株式会社
回答日時:2019/10/07

国土管理株式会社と申します。回答させて頂きます。

壁紙の張替え等については、本件の賃借人の入居期間によっても負担割合が変わってきます。

クリーニングについては経過年数は考慮しませんので、通常の清掃を実施していないのであれば全額賃借人に負担してもらえます。

ただし実務ではいったん退去してしまうと、後で交渉しても高額な請求だと承諾せず支払いを拒否されるケースが出てきます。

ですので退去立会い時に、賃借人の費用負担について項目と金額を説明し、書面で承諾を取っておく必要があります。

本件では、まずは賃借人に負担を求める金額の根拠を整理し、写真や契約書等の材料を提示しながら説明をされてはいかがでしょうか。

【お礼】

このたびはご回答頂き、誠にありがとうございます。
退去時の立会いが重要ということですね。
管理会社も本当に他人事で、誠実な対応をしてくれないので、
管理会社変更も見据えて行きたいと思います

ありがとうございました。
成功★太郎
こちらの内容は、2019/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
S
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP