20年以上の借主が認めないペット飼育による玄関のシミの原状回復費用は請求できる?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >敷金・原状回復> 20年以上の借主が認めないペット飼育による玄関のシミの原状回復費用は請求できる?

20年以上の借主が認めないペット飼育による玄関のシミの原状回復費用は請求できる?

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:チカリーノさん
  • 相談日時:2017/11/14(地域:埼玉県)
line
気になった! 139
新築から21年借りていただいた方が退去しました。
玄関ホールの床に犬のおしっこを放置していたようで(3箇所ほど)、しみと痛みが激しく全体の張り替えが必要です。

こちらの物件はペット飼育不可でした。
退去立会い時ペット飼育認めませんでした。

この場合、原状回復費用としてどれくらいの割合を請求できるでしょうか。
こちらの内容は、2017/11/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/11/15

ペットを飼っていた場合は、どうしても毛などが細部に入ったり、エアコンのフィルターに付いたりしていますので、それらを証拠(写真などに収めて)として相手にペット飼育の証拠があることを伝え、損傷場所及びペッ…

続きを読む
こちらの内容は、2017/11/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/11/15

ペット飼育が認められない場合でも、特別損耗(借主による汚損破損)の場合は借主に対して費用請求が可能です。張替え箇所にもよりますので、詳細は国交省のガイドラインでご確認なさってください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2017/11/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

敷金に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP