建物老朽化により立ち退き要求!家賃滞納中の入居者に対して立ち退き料を払うべき?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>立ち退き>
建物老朽化により立ち退き要求!家賃滞納中の入居者に対して立ち退き料を払うべき?

建物老朽化により立ち退き要求!家賃滞納中の入居者に対して立ち退き料を払うべき?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:あきさん
  • 相談日時:2018/04/26(地域:大阪府)
line
気になった! 1153
お世話になっております。築68年位のアパートの大家です。
現在2階に一人入居者がいます。(最近、分かったのですが近所に立派な住宅を買いすんでいるようです。登記確認済み)

天井も台風で穴が開き最近、壁が一部崩落、建物全体が傾いています。10数年前には2階床も抜け落ち修繕しました。
家賃も4か月滞納しています。1か月5万円です。

*入居者は立ち退き料が欲しいと言っていますがどの位が妥当でしょうか?
(最近、飲食店で賑わっているところなので)
*家賃滞納については住めない状態なので払う必要はないと主張しています。

大家(質問者)の主張は住めない状態(正当な事情)で立ち退き料は払らわなくてよい。住んでもいないので。払うとすれば50万位までと考えております。(納得しないとおもいますが)

宜しくお願いします。
こちらの内容は、2018/04/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
その他
東京大家塾合同会社
回答日時:2018/04/27

こんにちは。

J-REC公認不動産コンサルタントで、東京大家塾を主宰している大友哲哉と申します。

今回の入居者さん(入居していないけど?)に…

続きを読む
こちらの内容は、2018/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/04/27

家賃滞納を理由に契約解除なさってください。立ち退き料は必要ありません。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/04/28

おうかがいした内容だと、立ち退き料は不要であると思われます。
家賃の滞納が4ヶ月もあると、滞納によって信頼関係が保てなくなったとして契約を解除するための訴えを起こせば、ほぼ勝てます。

ところで、天井に穴が開き、壁の一部が崩壊したとあなたが気づいたのはいつのことでしょうか?また、それはどのようなきっかけで気づきましたか?

例えば、家の損傷をあなたが知らなくて、その様な事態になりそうであったことを入居者が黙っていた場合は、入居者が善管注意義務を怠ったとして損害賠償をあなたから入居者に求められる場合もあります。

また、住めない状態であると勝手に主張して家賃を払わないということは出来ません。その様な状態になったのならば、家賃を払わないのではなく、大家に伝えて修繕を求めるべきで、家賃を支払わなければ滞納となります。


解決の方法としては、立退きのことだけでしたら弁護士に家賃滞納による契約解除で訴訟を起こしてもらえばそれで終了するでしょう。

その後の事までお考えでお困りでしたら、私のような国公認の不動産コンサルタントに相談するとよいです。(自称や民間団体認定のコンサルタントでは役者不足です。)

こちらの内容は、2018/04/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2018/04/29

現状が詳しくわからないと判断は難しいと思います。
交渉判断が難しいようであれば弁護士に相談したほうが良いかもしれません。

こちらの内容は、2018/04/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

立ち退きに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP