老朽化が進んでおり、取り壊しのタイミングを考えておりました...|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 > 滞納 退去 立ち退き >立ち退き> 老朽化が進んでおり、取り壊しのタイミングを考えておりました...

老朽化が進んでおり、取り壊しのタイミングを考えておりました...

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:こんぱちさん
  • 相談日時:2020/05/07(地域:愛知県)
line
気になった! 804
築45年、店舗併設型のアパートを所有しております。
店舗は1Fに並びで8店舗あり1店舗が空室になっております。

建物もかなり老朽化が進んでおり、取り壊しのタイミングを考えておりました。

今回賃料改定で契約書を新たに巻き直す事になったので、特約事項に
「取り壊し、建て替えの実施が決定された際には、賃貸人からの明渡請求に応じるものとし、立ち退き料その他金員は請求しないものとする。賃貸人からの明渡請求は6カ月前予告とし、予告期間の経過をもって本契約は終了する。」
という文言を弁護士のアドバイスのもと追記し、建て替えの目安は大体10年後ぐらいで考えていると入居者には口頭で伝えました。

その後8つのテナントのうち4つの入居者から「特約事項を消してほしい。こちらには立ち退き料を請求する権利がある。
10年後にでていくのであればこちらにもメリットが欲しい」
と要望がでました。

こちらとしては、立ち退き料を全テナントに支払う事はできませんし、安全面も考え、区切りなく自然退去を待つこともできません。

定期借家契約にも大幅な値下げがない限り応じないとの事です。

現在価格改定を何度か行っており、これ以上の減額は数千円が限度だと思っております。
何かいい解決方法はございませんでしょうか?
こちらの内容は、2020/05/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
コンサルティング
A&P Consulting
回答日時:2020/05/07

合意が得れないわけですから、難しいと思ってください。
ただ、10年もあるわけですから、今回の契約変更で全テナントの合意を取らなくてもよいのではないでしょうか?

続きを読む
【お礼】
アドバイスありがとうございます。このタイミングで定期借家契約の切り替え、もしくは合意を無理してとらず、10年後の取り壊し計画のみを伝え、10年間の間に自然退去を期待して待つ方向で考えております。
とても参考になるプロのご意見いただきありがとうございました。
こんぱち
こちらの内容は、2020/05/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP