老朽化のため立ち退きを要求!居住部分には触れずに改修工事をしたら使用権の侵害と…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>立ち退き>
老朽化のため立ち退きを要求!居住部分には触れずに改修工事をしたら使用権の侵害と…

老朽化のため立ち退きを要求!居住部分には触れずに改修工事をしたら使用権の侵害と…

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ヒンホイさん
  • 相談日時:2018/07/02(地域:東京都)
line
気になった! 879
貸借人の退去を口頭で1年前に申し入れましたが、毎月の家賃の滞納がないため、移転料を私(賃貸人)が払わない限り退去しないと強気でした。
仕方ないので、半年前に書面で退去するよう申し入れましたが、家賃を供託扱いにし、あくまでも出る気配すらありませんでした。
私が退去して欲しい理由は、築40年の老朽化でまずは大改装をしなければならないし、私と家族が同物件に移り住み、現在築50年で更に老朽化した自宅側を(耐震強化のため)改装することにあります。
書面発出から6か月が経過し、自宅に隣接する部分のみ、地震の際の非常口の設置を理由に損壊し、改修を始めました。
これに対して、賃借人は使用権の侵害として裁判所に訴え、損害賠償金(これが移転料の代替であることは明白)を要求してきました。
賃借人の居住部分には触れず、自分に隣接する部分(階段と出入口)のみの損壊・改修にとどめたにもかかわらず、ここぞと損害賠償として移転料、あわよくば賃借人の弁護士費用までせしめようという賃借人を正当に撃退する方法はないものなのでしょうか?
こちらの内容は、2018/07/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/07/02

たとえ書面で通知しても、建物が老朽化したというだけでは「正当な理由」にはならないというのが今の司法の判断です。
残念ながら、通知したのに退去しなかったことで入居者を責めることは出来ません…

続きを読む
【お礼】
早速のご回答ありがとうございました。法定出頭までの期日がないのですが、弁護士を選定するに至っていません。弁護士相談にも行ったのですが、先方の言い分が正しいので、移転料を支払う必要性を説得されました。私(大家)としては、今まで2回更新(これまで契約更新料は受け取っていません)して、3回目が昨年5月末で更新書類には署名しませんでしたので、移転料を支払うのはナンセンスと考えています。貸借人は全然移転する意識がないので、働く素振りもありません。その癖、毎月の家賃はかろうじて支払っています。もう根負けしそうなので、弁護士さんの選定を早急に検討いたしたいと思います。訴状では、完全に私が悪者扱いです。
ヒンホイ
【コメント】
訴状というのはそういうものですので、あまり気にしないほうがよいです。
今まであったこと、自分がしたこと、相手がしたことも全て時系列で分かるような資料をつくって弁護士に相談してください。早めのほうが良いです。
株式会社三野 北前店
こちらの内容は、2018/07/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/07/03

本件はいわゆる正当事由が認められる可能性は低いと思います。
改修工事は、入居者側の建物のためではなく、加えて明らかに入居者の日常生活に悪影響を及ぼすものでしたら、お客様に不利に働く可能性も考えられます。
いずれにしましても、既に裁判に発展しているということでしたら、弁護士とお打ち合わせのうえ慎重にご対応なさることをお勧めいたします。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/07/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2018/07/31

すでに裁判に進んでいるのであれば詳しい知識がなければ弁護士への相談が良いと思われます。

こちらの内容は、2018/07/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

立ち退きに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP