賃貸のキッチン排水詰まりでトラブル!家賃半分返せという入居者にどう対応すべき?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
賃貸のキッチン排水詰まりでトラブル!家賃半分返せという入居者にどう対応すべき?

賃貸のキッチン排水詰まりでトラブル!家賃半分返せという入居者にどう対応すべき?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:あおさん
  • 相談日時:2019/08/01(地域:東京都)
line
気になった! 816
賃貸大家です。

借り主さんとキッチン排水詰まりでのトラブルです。間に管理会社がはいっています。

一年半前くらいから入居されました。ちょうど1年前くらいに、夜中に階下に水漏れがあり、つまっていたから入居者さんが業者を呼んだと管理会社からは聞きました。特になにも言われなかったのでその時はそれでおさまったのだと思っていました。


その後年末あたりに流れが悪いから対応してくれと言われました。ですがその頃ちょうどとても私自身が忙しくその事をすっかり忘れてしまいました。

その後管理会社から2ヶ月に一回くらいで電話はかかってきていましたが多忙と精神状態悪化のため出られず、留守電もないし、何回もかかってきていないため急ぎでないと判断し、やはりそのままになってしまいました。

今年5月に管理会社からかかってきた電話に出ることができ、排水の対応をしてくれと言われました。

その後対応し、今は工事完了しています。その工事の際1年前に対応したのは業者ではなく管理が対応したのだとわかりました。水漏れがあったのでとっさに嘘を言ったのだと思います。


先日退去されると連絡がありました。それはしょうがないと思ったのですが、管理から連絡があり、排水つまりのせいで生活が著しく阻害されたとして住み始めから出るまでの家賃半分返せと言われました。

あちらには弁護士もついているとにおわしています。

対応がおくれたので多少はしょうがないと思うのですが、住み始めから家賃半分はあんまりだと思っています。他の水道(お風呂、洗面、トイレ)は問題なく使えています。

どのように対応していくのがよいでしょうか?払うべきか払わなくてもよいかも教えて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2019/08/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本コミュニティー株式会社
回答日時:2019/08/02

〈民法606条〉
賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う
〈民法611条〉
賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失したときは、賃借人は…

続きを読む
【お礼】
ご回答ありがとうございました。
現在、こちらから出せる金額を提示してあちらからの返答待ちです。
それで納得していただけるかわかりませんが、折り合いがつくといいなと思っております。
この度はありがとうございました!!
あお
こちらの内容は、2019/08/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/08/02

法的なことについては他の回答にもあるので言及しませんが、大家サイドからみた意見で回答したいと思います。

修繕が必要であったことは認めるとしても、知ったのは5月に電話に出たときであって、それからすぐに対応している訳ですから、あなたは賃貸人としての責任は果していると考えます。
その前に管理会社が何度か電話したが出なかったと言っても、電話での連絡が取れないからと放置したのは管理会社の落ち度であって、2ヶ月に1度くらいの電話ではあなたが緊急性のある不具合があるという認識を持たなかったとしても不思議では有りません。もし、重要なことを伝えたいのであれば、管理会社は書面で通知するなど出来たはずですので、その責任をあなたに押し付けるのはいかがなものかと思います。

入居者からの請求が賃料の半分と言うことですが、入居者から「生活が著しく阻害された」ことで負った損害の証拠、もしくは不具合が理由で仕様収益が出来なかったことの証拠が示されているのでしょうか?それらがなく請求だけしてきているのなら、請求の法的根拠とそれらの証拠を示すように求めてください。当然ですが普通に生活も出来たけども、ただ少し不便に感じたと言うぐらいでは損害とはなりません。

弁護士については受任通知が来るまでは、いないものと考えてOKです。要するにタダのハッタリである可能性が高いです。理由は、真っ当な弁護士ならば賃料の半分などという請求はすすめないはずです。弁護士はあくまでも法律の手続代行人であって、不当な要求を正当なものに変えるマジシャンではありません。裁判でも求められるのも原告の感情ではなく、”実際にどうであったか"であり、損害がないのに損害を認めることはありません。
もっと言えば、入居者は必要費として修理を行なうことも出来たはずです。でも、それをしなかったのは、そこまでの不便はなかったということでないでしょうか?

したがって、請求は不当なものと考えますので、支払は拒否できると思います。



【お礼】
ご回答ありがとうございました。
不当な請求と言っていただきとても安心しました。
争うのと悩みましたが、とりあえずこちらから出せる金額を提示して、あちらの返答待ちしています。
なんとか折り合いがつくといいと思います。
この度はありがとうございました!
あお
こちらの内容は、2019/08/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/08/02

まずはどのような被害でどのくらいの間不便があったのか、先方の主張を詳細に確認なさるべきでしょう。先方の要求はおそらく最大のものだと思いますので、お客様は被害の実態からお客様が認められる範囲で補償額を提示なされば良いと思います。
その溝が埋まらないようでしたら、法的に進めることも選択肢の一つであると考えます。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ご回答ありがとうございました。
とりあえずこちらから出せる金額を提示して、あちらの返答待ちしています。
その返答次第で被害、損害を証明していただくようにしたいと思っております。
この度はありがとうございました!
あお
こちらの内容は、2019/08/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP