原状回復において壁紙費用は6年以上経つと借主に請求できない?壁穴やテープ跡の修繕費は?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>退去・敷金トラブル>
原状回復において壁紙費用は6年以上経つと借主に請求できない?壁穴やテープ跡の修繕費は?

原状回復において壁紙費用は6年以上経つと借主に請求できない?壁穴やテープ跡の修繕費は?

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:賃貸さん
  • 相談日時:2019/02/07(地域:東京都)
line
気になった! 1404
はじめまして。質問させていただきます。

築10年以上のアパート(2階の一室、1階は自分が居住)を知り合いに貸していました。
契約書は簡単なもので、内容は以下の通りです。
(敷金礼金はなしです。)

・物件の名称、所在地、
構造 : 軽量鉄骨造 2階建て、
間取り : 3LK (実際は3K、記入ミス)

・住居目的での借主が一名のみで居住。

・契約期間は2017年6月~2019年5月の2年間で、3ヶ月前に双方より申入れがない場合は自動的に2年契約が更新される。

・賃料は61000円 (水道、ガス代含む)

・家賃は毎月末に家主に直接支払う(手渡しで受け取っています)、
契約付きの賃料等一ヶ月を30日とした日割り計算とする。

備考として
・鍵紛失の費用

・自然災害等の不具合は家主負担で修繕、借主が破損した場合はこれを元通りに修繕する。


賃貸から一年が過ぎた2018年6月に借主へ
次回の契約更新はしない、2019年5月までに退去を口頭で伝えました。

理由は自分の荷物を置きたいのと、友人達が泊まる部屋にしたい為です。

承諾して頂き、昨日の2月4日に退去して頂きました。(2月分の家賃の日割り計算はなしと口頭で約束)

その際、玄関前の部屋の壁紙が一部剥がれていた為、部屋の全面(天井除く)の壁紙張替えを要求したところ、借主から

・壁紙は以前張り替えてから6年以上経っており、価値がほぼないので負担額は剥がれた部分のみ(約50cm四方)しか支払わない

・入居時にハウスクリーニングも壁紙張り替えもなく、原状回復についての取り決めも契約書には記載ないので、壁紙を剥がしてしまったとしても借主負担はなくてもよいぐらいです、言われました。

他にも無断で壁にネジ止めの穴を空けていたり、風呂場の壁に両面テープで鏡を貼っていて剥がした跡に鏡型に四角く跡が残っていたり、ほんの少しだけですが壁が剥がれていたり不満はあります。

腹が立つので細かい所も含めて費用負担を請求したいのですが、
どこまでなら支払請求出来るでしょうか?

どうかご回答をよろしくお願い致します。
こちらの内容は、2019/02/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/02/07

国交省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をよく読むと解りますが、故意又は過失で必要となった原状回復の費用は最低限ですが請求できます。

壁紙は、必要な部分だけでは…

続きを読む
こちらの内容は、2019/02/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

退去・敷金トラブルに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP