同居禁止のアパートにも関わらず同棲が発覚!契約解除を通達しましたが…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>入居者トラブル>
同居禁止のアパートにも関わらず同棲が発覚!契約解除を通達しましたが…

同居禁止のアパートにも関わらず同棲が発覚!契約解除を通達しましたが…

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:ココさん
  • 相談日時:2017/04/06(地域:東京都)
line
気になった! 1008
昨年の12月から、ある住人が深夜から騒音を立て寝むれないと周辺住民から苦情があり、当物件は同居禁止のアパートにも拘わらず同棲をしていることが発覚し、数カ月に渡り再三注意をしていましたが改善されず、内容証明で信頼関係を維持することは不可能として、契約解除通知を配達証明で送付しました。その後この住人から手紙が届き、家主が許可すれば同居はしてよいはずだと理解不能な抗議文がきました。日本人だと言っているが、外国人のようで契約内容を理解できでいない様子。7月の更新はしないと口頭で伝えたが、引っ越し先の物件を探している様子もなく、契約解除通知の意味が理解できているのか不安です。深夜の騒音はまだ続いており、防犯カメラにも契約者以外の人物の度重なる深夜の出入りが撮られています。
今一度内容証明で手紙を出すべきか、弁護士さんに直接会って説明をして頂くのが良いのかご助言を頂きたくお願い致します。
こちらの内容は、2017/04/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/04/06

そのような状態であれば、弁護士が説明するのではなく、契約違反による契約解除と明け渡し訴訟を提起する段階です。
既に契約の解除を通知している訳ですから、弁護士と協議し、訴訟を提起する準備を…

続きを読む
【お礼】
的確なご指摘に感謝いたします。早速、外国人対応を得意とする弁護士さんを探します。
ココ
【コメント】
国内の事案なので、外国人に関して得意でなくてかまいません。日本の法の下で判断されるので外国人であろうが宇宙人であろうが関係ないです。
むしろ、不動産関係に詳しい弁護士のほうが良いかと思います。
最近弁護士が増えすぎて、不動産関係でも意味不明な答弁をする弁護士が増えています。当然、そのような弁護士は負けます。
株式会社三野 北前店
【お礼】
現状を踏まえた正直なご意見に感謝致します。ご意見を参考にさせて頂きます。


ココ
こちらの内容は、2017/04/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/04/07

弁護士に依頼するのが良いと思います。
いずれにしましても、任意での解決が困難でしたら、法的手続きに移行せざるを得ないと思います。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
【お礼】
的確なご意見有難うございました。弁護士探しをしてみます。
ココ
こちらの内容は、2017/04/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2017/04/19

契約解除になることを再度伝え解決が難しい場合、退去を希望されるのであれば弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

【お礼】
的確なご意見有難うございました。弁護士を探してみます。
ココ
こちらの内容は、2017/04/19時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社クリエイティヴヒル・コミュニケーションズ
回答日時:2019/05/23

このようなケースでは、内容証明郵便による改善警告はもちろん、弊社の場合では入居者に面談を申し入れます。
面談では契約違反である事及び、深夜の騒音による近隣住人への被害等を説明し、改善を求めますが、改善の様子が見られなければ退去して戴きたい旨を通知し、任意に応じて戴けない場合は弁護士に依頼して法的手続きに入る旨を説明致します。
実際に弁護士に依頼する場合は、これまでの交渉の経緯をまとめておくと良いでしょう。(内容証明等の郵便物の控えや、騒音被害の日付、時間等を含む具体的内容を記録しておくと良いでしょう。)
弁護士もいきなり裁判には持ち込まず、代理人として交渉から始めると思いますが、裁判を想定した対応は弁護士とよくご相談されると良いでしょう。
弊社の経験上、裁判所(裁判官)に入居者との信頼関係の喪失を認めてもらうには、いかに貸主が困っているかを切実に伝える必要があると考えております。
「この状況はいくら何でも貸主側が可哀想だ‥」、と言う状況であればご主張が認められる可能性は十分あると思います。

こちらの内容は、2019/05/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

入居者トラブルに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP