借主が退去後、経年劣化に該当すると思えない破損は原状回復費用を請求することはできますか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 原状回復 >建物管理 不動産管理> 借主が退去後、経年劣化に該当すると思えない破損は原状回復費用を請求することはできますか?

借主が退去後、経年劣化に該当すると思えない破損は原状回復費用を請求することはできますか?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:お困り感さん
  • 相談日時:2021/04/28(地域:福岡県)
line
気になった! 583
借主が退去後の点検に行くと、障子は破れ放題、畳は傷だらけ襖も破れたまま、庭には廃材が置きっぱなし。
などなど目を覆うばかりの状況でした。管理会社は、そのことについて何も触れません。

これが、経年劣化に該当するとか思えないのですが、原状回復を求めることはできるでしょうか。
畳の傷はたぶんペットがつけたものだと思います。
ペットは不可になっています。

管理会社はそのまま退去させています。管理会社の責任はないのですか。
こちらの内容は、2021/04/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2021/04/29

ペット不可の物件でペットを無断で飼って物件を損傷させた場合には,借主の善管注意義務違反・債務不履行として,当該損傷についての原状回復費用を請求できます。

ただし,「たぶん…

続きを読む
こちらの内容は、2021/04/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社アスパ
回答日時:2021/04/28

借主による故意過失で破損があるなら、障子・襖・畳は、減価償却や耐用年数は考慮されませんので、当然全額借主に請求できます。

廃材の撤去費用も請求の対象となります。

何十年と長く入居していたのなら、室内の原状回復はオーナーとの話で借主に請求しないこともありますが、管理会社の勝手な判断することではありません。

管理会社の見解を聞いてみてはいかがでしょうか。

こちらの内容は、2021/04/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2021/04/30

管理会社に確認したほうが良いでしょう。
故意の過失、廃材等の放置は請求できると思います。
現地の状況次第になります

こちらの内容は、2021/04/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP