明渡し判決で勝訴となりましたが、その後の原状回復などの交渉は、自分で交渉するものですか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 原状回復 >入居者トラブル> 明渡し判決で勝訴となりましたが、その後の原状回復などの交渉は、自分で交渉するものですか?

明渡し判決で勝訴となりましたが、その後の原状回復などの交渉は、自分で交渉するものですか?

受付中 回答数:3件
  • 質問者:ヨコさん
  • 相談日時:2021/04/07(地域:東京都)
line
気になった! 572
明渡し判決で勝訴となりました。

弁護士はこれで終わりと言っていますが、その後の原状回復、撤退日などの交渉は、自分で交渉するものですか。

弁護士は被告弁護士、被告と交渉はしないものなのですか、契約ではこの点の取り決めはありませんでした。

私としては明け渡しは完了していないという判断なのですが・・・
こちらの内容は、2021/04/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2021/04/08

弁護士との委任契約の内容によります。

訴訟の委任契約と,強制執行(明け渡し執行)の委任契約が一体の場合もありますが,別という場合も珍しくないかと思います。

続きを読む
【お礼】
有難うございます。裁判で長く争った被告ですから、話し合いで明け渡しの交渉を私が行うのは難しいと考えています。仲介業者も動かないような状況です。結局、私が明け渡しを被告と交渉しうまくいかない場合は、新たに弁護士に依頼するつもりです。物件は定期賃貸契約であって、法的には何ら問題ない契約で、判決では明確に仮執行がついた明け渡し判決でした。契約満了から1年経過しており明け渡し遅延賠償の訴訟予定です。契約書には家賃倍の損害金の記載があります。現在の弁護士は高齢と物忘れや賃貸問題には弱く新たな裁判は難しいので、賃貸に強い弁護士を探すつもりです。
弁護士との契約でしっかりと明け渡し成功の条件をしなかったのが失敗ですね。
仲介業者には、原状回復して明け渡す責任はないのでしょうか。契約書にはありませんが
ヨコ
【コメント】
仲介業者にはそのような責任はありません。

不動産に強い弁護士に依頼し直した方が良いかと思います。
弁護士秋山直人
こちらの内容は、2021/04/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
司法書士
ゆき松司法書士事務所
回答日時:2021/04/08

民事事件として建物明渡請求などの訴訟とその後の強制執行は別個の契約になっているケースも多いと思われます。日弁連の旧弁護士報酬規程では別個に分類されていたと思います。現在では弁護士への委任契約で合意して…

続きを読む
【お礼】
有難うございます。強制執行の手続きは、司法書士の方がコストが低いようですが、強制執行で相手が原状回復しないような心配があります。昇降機やいろいろな什器を設置していたので撤去費で200万円はかかると思います。この費用は家主が代理で支払い、借主が支払わない場合は、再び起訴しなければと思います。やはり賃貸に強い弁護士の方がベターのような気がします。それと明け渡し遅延賠償の起訴もありますので。
ヨコ
こちらの内容は、2021/04/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
コンサルティング
A&P Consulting
回答日時:2021/04/08

判決を得た以降の手続きは別料金です。

続きを読む
こちらの内容は、2021/04/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP