台風で店舗の屋根と外壁が破損し営業継続ができない…貸主として退去までの家賃は返金すべき?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
台風で店舗の屋根と外壁が破損し営業継続ができない…貸主として退去までの家賃は返金すべき?

台風で店舗の屋根と外壁が破損し営業継続ができない…貸主として退去までの家賃は返金すべき?

解決済み 回答数:2件
line
気になった! 762
はじめてのことでどうすればわからず悩んでおります。
祖母が経営しておりましたアパート、店舗を相続で引き継ぎ、築50年以上の老朽化した木造の店舗ですが修繕、改築をしながらも賃貸しております。

先日の台風により、店舗の屋根と外壁が破損しました。
借主からはここでは店の営業が継続できないため、新しい物件が見つかり次第、退去しますと当月初めに口頭での報告がありました。
賃貸契約書には天災地変、火災等で貸主および借主のいづれの責に帰することのできない事由により本物件の全部または一部が滅失、毀損して物件の使用が不可能になったときは契約は終了とし、貸主、借主とも損害倍書の請求はしないと記載してあります。

退去されることに関してはいたしかたないことですが退去されるまで家賃はどのようにすればよいのでしょうか当月分は返金したほうがよいのでしょうか。
家賃は先払いですので、当月分は先月の末に入金済です。
尚、借主は物品販売業を営んでおりまして、屋根が破損し雨漏りがするため在庫の商品の置く場所がないということで空き店舗を一室倉庫として提供しております。
こちらの内容は、2018/09/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/09/12

被害があったその日までの契約として、既に支払われている家賃は日割で返金するのが良いかと思います。

倉庫については、下手に使用料を取ってしまうと、その時点から相手に権利が発…

続きを読む
【お礼】
株式会社三野様

このたびはご回答いただき有難うございました。
祖母からの相続物件を管理するのことになったのですが
築60年の建物で家賃収入もそれほどないため
管理会社に任せるほどの物件でもなく
こういう事態になったときに相談できるところもなく
困っておりました。

契約書を見ると、家賃は返金しないといけないだろうな
とは思っておりましたが
これも裏付ける知識がなかったものですから
助かりました。
借主との話し合いもうまくいくと思います。


くるまやさん
こちらの内容は、2018/09/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/09/12

契約書のとおり、物件の使用が不可能となったときに契約は終了し、それ以降は賃料が発生しないというのが望ましいのではないでしょうか。
また、倉庫については別契約になると思います。いずれにしましても、やむを得ない事情であることから、双方歩み寄る姿勢が重要であると思います。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
山京ビル株式会社 様

この度はご回答いただき有難うございました。
祖母からの相続物件を管理するのことになったのですが
築60年の建物で家賃収入もそれほどないため
管理会社に任せるほどの物件でもなく
こういう事態になったときに相談できるところもなく
困っておりました。

契約書を見ると、家賃は返金しないといけないだろうな
とは思っておりましたが
これも裏付ける知識がなかったものですから
助かりました。

あと御社の双方歩み寄る姿勢が大切という言葉を
大切にしようと思います。
今回の台風はお互いが被害者ですが
借主は保険をかけているとはいえ、物品を損傷し、
借主の顧客に迷惑をかけております。
借主の被害は多大なものだと思います。


くるまやさん
こちらの内容は、2018/09/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP