音信不通になった不動産会社。直後から家賃も振り込まれず詐欺の疑いも…弁護士依頼に関して教えて!|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >敷金・原状回復> 音信不通になった不動産会社。直後から家賃も振り込まれず詐欺の疑いも…弁護士依頼に関して教えて!

音信不通になった不動産会社。直後から家賃も振り込まれず詐欺の疑いも…弁護士依頼に関して教えて!

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:あやか222さん
  • 相談日時:2015/08/03(地域:熊本県)
line
気になった! 85
土地の購入から新築物件を建てるところまで、

知り合いの不動産立ち合いのもと行い、

その後、新居に住む前に引っ越しのため、賃貸に出すことにしました。

その知り合いの方が新しく不動産会社を立ち上げるということで、

6年のサブリース契約を結んでいます。

しばらくは居住者が決まりませんでしたが、現在は住んでいます。

(この時は入所者がいなくても家賃は入ってきました)

その後、その不動産の方と連絡がとれなくなってしまいました。

メールも電話も音信不通です。

いつもは携帯で連絡を取っていましたが、不動産会社に電話をかけたら、

この電話番号は約半年前から違う会社が使っていると言われました。

(違う会社に繋がりました)

社員がいるなどといっておりましたが、実質は1人でやっており

架空であった可能性が非常に高いと思っています。

さらに、その不動産会社とは別の会社にも勤めていましたが

横領が発覚し弁護士をたてて双方連絡をとっているそうです。

私も何度も連絡をし、新しい携帯の番号も入手したのですが

着信拒否にされており連絡がまったくとれない状況です。

確定申告もお願いしており、領収書などを渡しているため、

手元には何もありません。

これは、れっきとした詐欺ですよね?

先月から連絡がとれなくなり、今月の家賃も振り込まれていませんでした。

現在入居者はいるので、家賃は入ってきているはずです。

今後、どのような対策をとればいいのでしょうか?

弁護士を立てる場合のアドバイスや費用など

具体的なことを教えて頂けると助かります。

よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2015/08/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
回答日時:2015/08/04

早急に対処すべきなのは,現在の入居者との関係です。サブリース契約を解除し,現在の入居者に事情を説明し,入居者にも転貸借契約を解除してもらったうえで,直接に賃貸借契約を締結し,家賃支払いを確保していく必…

続きを読む
こちらの内容は、2015/08/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2015/08/04

詐欺というのは
最初から支払うつもりがないのに
契約することなので
詐欺かどうかは微妙なところです。

賃料不払いは何か月分でしょうか。
郵便物が届くのであれば
解除通知を出して
契約を解除することが必要となります。

弁護士に依頼する場合の
弁護士費用は
弁護士によって異なります。
物件の価格や月額家賃がいくらかによって
異なりますので
物件の価格や月額家賃を説明して
メール等で
弁護士に直接問い合わせをされたらよいと思います。

こちらの内容は、2015/08/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/08/04

迅速に対応することが必要ですので、すぐに適切に動いてもらえる弁護士に依頼なさってはいかがでしょうか。
弁護士との相性や価格については、お客様が実際に複数の弁護士に相談のうえ、感触の良いところに依頼すればよいと思います。
本サイトの先生方は不動産に精通しているので前向きにご検討なさってはいかがでしょうか。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2015/08/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2015/08/23

まずは弁護士にご相談の上依頼すべきかどうか判断して見てもよいかと思われます。
どちらにしても被害が大きくなる前に迅速に対応することが必要でしょう。

こちらの内容は、2015/08/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

敷金に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP