アパートに契約者以外の男性が泊まっています|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >入居者トラブル> アパートに契約者以外の男性が泊まっています

アパートに契約者以外の男性が泊まっています

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:なすさん
  • 相談日時:2020/11/04(地域:福島県)
line
気になった! 728
アパートに契約者以外の男性が毎日と訪れてわ泊まっています

月の20以上いやほとんど毎日ですね賃貸物件は最初に契約した住人じゃないと毎日泊まりに来るのもいけないんじゃないでしょうか?

それでわ同居人と同じです不動産にもそれなりに言って見たのですけど何も対処ありません
むしろその方から嫌がらせを受けるようになりました。
でわざと毎日男性を連れて泊まらせても今でわしています

他にも嫌がる事をされますどうしたらいいですか?

不動産もきっとわかっていても何もしてくれないんだと思います
言えばいうほど嫌がらせ受けたりするので怖いです
こちらの内容は、2020/11/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社ハウスマ
回答日時:2020/11/06

はじめまして。
株式会社ハウスマ駒込店と申します。

ご質問について回答させていただきます。

契約時に入居人員を1名と記載してい…

続きを読む
こちらの内容は、2020/11/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2020/11/08

まずは、単身者用の物件の場合契約書面に単身者専用である趣旨の事が書かれていて複数での居住は認められないとあれば
本物件は単身者専用・複数での居住は認めていないと文章で契約書の何条、何項と明記して是正をお願いする文面を送るのも一つの方法です。
是正できない場合で不動産会社が対応しない場合は連帯保証人がいれば相談することも方法の一つです。

また、複数での入居を認めている場合は
もしも火災・水漏れ等の火災保険を使用しなくてはいけない場面に遭遇した時には契約者が起こしたことでなくても契約者の責任になるか
契約者が起こしたのではなく許可のない同居人が火災保険を使用しなくてはいけない場面の当事者となった場合には保険適用外となることも考えられるので
同居人が増えたことを報告して賃貸の契約上及び火災保険(損害保険)の変更届を出す様に伝える。

この2種類だと思います。

今回家主様が直接問われてから嫌がらせがあるということですか゛その内容が不明なのでそのあたりはわかりませんが
それが悪質なものであるならば法的な処置をとることも検討されたほうがよいと思います。

こちらの内容は、2020/11/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP