鍵の引渡しに関してトラブルがありました|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 鍵交換 >建物管理 不動産管理> 鍵の引渡しに関してトラブルがありました

鍵の引渡しに関してトラブルがありました

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:きくささん
  • 相談日時:2020/10/14(地域:神奈川県)
line
気になった! 625
この度契約が整いまして、鍵の引渡しの段取りになりました。
以前、鍵の引渡しに関してトラブルがありましたので、今回は鍵は必ず本人に対面で引渡して下さいと仲介業者さんにお願いし、確認のため引渡し3日前(引渡し日含めない)に電話を入れたところ、既に郵送にて渡しましたとのこと。

なぜ、そのようなことをと問いただしましたところ、入居者に取りにいけないので早く鍵を下さいと押し切られたとのことでした。
挙句、そんなに心配なら入居前に入室しないか確認しに行ってくれないかともいわれました。

そこで教えて欲しいのですが、もし、賃料発生日前に借主の入室がわかった場合、貸主はどう対処したら宜しいのでしょうか?

ちなみにこの仲介業者さんとは誰でも知っている大手です。
受領印も貰わず、鍵、宅配ボックスのカード、郵便ポストの暗証番号などの書類を借主に郵送するのは良くあることなのでしょうか?

鍵を早く欲しがる借主に不信感もあります。
宜しくお願い致します。
こちらの内容は、2020/10/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/10/15

時代ですよね・・・・。
昔は対面で渡すのが当たり前でしたが、今の時代は入居者もそれほど時間を取れなかったりするので、宅急便などの本人に直接渡してくれる方法で送ることが増えてきました。 続きを読む

【お礼】
ご回答有難うございます。
そうですね。当方が少し古いのかもしれません。
お忙しい中、本当に有難うございました。
きくさ
【コメント】
管理会社に問題があると傍から言うのは簡単です。しかし、現実を踏まえてお伝えしないと「あの大家は面倒くさい」という地域の不動産会社からの噂になり、レッテルを貼られ、どの業者も警戒する事態ともなりかねません。
弊社は賃貸をメインに行っている会社ではないですが、仕事上預からざるを得ない物件もあるので、預かってチェックする度に過去の管理の状況には驚かされています。
でも、その様な体験を数多くしているうちに、賃貸管理の現場に限界があることも分かってきました。利益率も高くなく、求められるスキルも決まったものが多いので、大手になればなるほど経験が浅いスタッフが多く、コンプライアンスといった考えも根付いていない会社も少なくないです。
そんな現場にいくら正論を振りかざしても、疲弊するのは大家さんで、損をするのも大家さんです。騙しだまし上手く使うのも大家業のテクニックではないかと思います。
当然、正すべきところは正さないといけないですが、それには自信の感情ではなく、明確な理由付けが必要です。今回の場合は、今後は鍵を郵送などで渡すことは仕方がないにしても、契約開始前に使用され、万が一事故が発生すると無保険状態となるので、その点を十分に契約者に伝えくれぐれも事前の入室はしないように注意することを条件として許可したら良いのではないかと思います。
株式会社三野 北前店
こちらの内容は、2020/10/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社ハウスマ
回答日時:2020/10/15

はじめまして。
株式会社ハスウマ駒込店と申します。

ご質問について回答させていただきます。
鍵の引渡しの件ですが、通常は賃料発生日より対面でお渡し致しますが、
借主様が遠方にお住いの場合や朝早くからの引越等、ご来店が難しい場合は
郵送でお渡しすることもあると思います。
※最近は鍵の受領証をもらわない不動産会社もございます。(少数の会社ではありますが・・・)

事前に貸主様が「対面での引渡し」を希望していたのであれば、不動産会社に落ち度があるかと思います。どうしても郵送になるのであれば貸主様へお伝えするべきですし、鍵の到着日を賃料発生日にするべきかと思います。

賃料発生日前に入居したことが判明した場合は、正しくは入居日からの日割り分を請求し賃貸借契約書の契約期間も訂正する必要があるかと思います。
(ただ、注意するのみで日割り分を請求したり契約書を訂正している不動産会社は少ないかと思います・・・)
※弊社でも賃料発生日前に鍵をお渡しすることはございますが、必ず貸主様の許可をいただき、借主様へは賃料発生日前には引越さないで下さいと伝えます。やはり信頼関係が大事かと思いますので、ほとんどのお客様にご理解いただき今のところ本件のようなトラブルがない為、対処したことがないのが正直なところです。

参考になれば幸いです。

参考URL:https://www.hausuma.jp/kanri/
【お礼】
とても丁寧なご回答有難うございました。
大変参考になりました。もし賃料発生日前に入居されていたとしても、やはり私も今後、より良く使っていただくために入居前賃料の要求はできかねます。しかし、気持ち的にシコリは残ります。そのような事を避ける為もあり、対面、当日渡しをお願いしているのですが。仲介業者さんの担当者はあっけらかんとしています。今の方が出られたら、仲介業者さんを変えるつもりです。
入居者選びも大切ですが、業者さん選びもとても大切なのだと今回の事で改めて学びました。本当に有難うございました。
きくさ
こちらの内容は、2020/10/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(有)東京明和コーポレーション
回答日時:2020/10/15

まず、仲介会社が、対面でお渡しするお約束を守らないのは良くないです。

もし、入居者様と鍵を渡す都合が合わない場合は、郵送等色々方法はございます。

その場合は、貸主様の承諾を得てからその方法を取るのが、マナーかと思います。
(入居後、恐らく、その担当者は、入居後、緊急時以外の事案に対し、貸主様の承諾を得ずに色々対応する可能性があります。その上で、管理等も考えるべきかと思います。)

入居日前に入室を不安になられる場合は、当日鍵を取りに来てもらうのが確実です。

一般的に、鍵を郵送等にしても、勝手に入らないで下さい。入る場合(部屋のチェック等)は、その旨お知らせ下さい。荷物は原則入れないで下さい等基本的な事は、お知らせした上で、お渡しすのが普通かと思います。

場合によっては、人は住まないが、事前に荷物の搬入されたい方もいますが、貸主様の承諾を頂く及び、入居前の火災保険等が未加入な為、入居日前の損害については、借主様が負う旨も説明し、お渡しするかと思います。

しかし、対面でない場合、鍵受領書は、返送式が多いので、後からの受領となる事があります。

書類等も同様になります。

以前は、前日又は当日に直にお渡しする事もありましたが、現在は、入居者様の都合もあるので、手渡しではない事が多々ございます。

【お礼】
ご多忙の中でのご回答有難う御座います。
ご指摘の通り、担当者は火災保険の件は全くかんがえておらず、加えまして入居者が提出した火災保険の証書は期限切れのもので、こちらから指摘するまで気づきもせず、思い余った当方がチームのリーダーに連絡したところ、貸主の許可を取って鍵を渡したと報告されている、火災保険の件は確認ミスとの説明で、こちらもあっけらかん状態。まあ、大手なのでそんなものなのでしょうか。仰る通り、この担当者では今後も不安です。今回は契約済みですから致し方有りませんが、次回から仲介業者さんを変えるつもりです。
仲介業者さん選びは大切とは知っていたものの難しいです。
少し時間をかけて探してみようと思います。
しかしながら、途中で担当者は変えて貰えないものなのでしょうか?不思議です。
改めまして、端的に鋭い御指南頂きましてとても勉強になり、かつ、助けになりました。有難うございました。感謝致します。
きくさ
こちらの内容は、2020/10/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP