原状回復の業者委託を自分(大家)で行う場合の注意点はありますか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>建物管理 不動産管理>
原状回復の業者委託を自分(大家)で行う場合の注意点はありますか?

原状回復の業者委託を自分(大家)で行う場合の注意点はありますか?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:けんさんさん
  • 相談日時:2018/11/20(地域:東京都)
line
気になった! 619
管理会社に部分委託をお願いしています。現在は入金確認業務のみを自前で行なっていますが、時間が取れるようになったので、原状回復の業者委託も自分でやってみようと考えております。
ただ、賃借人との立会い見積もりなどは知識がないのでまだやるつもりはなく、単純に決まった金額に対して業者を自由に選択し委託していくスタイルです。管理会社にはこれから徐々に話を進めていこうと考えておりますが、その際注意点などがありましたらご教示願います。
こちらの内容は、2018/11/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2018/11/22

現在管理会社に部分委託されているという事で、注意点としては委託の範囲の明確化が必要だと思います。
出来ることはやりたいというのは良いと思いますが、どちらがするのか判断の付きにくいグレーゾ…

続きを読む
【お礼】
ご返答ありがとうございます。
とても勉強になります、私としても現在の管理会社に付いて流れを把握していき、
管理会社が選定している修理業者に付いて作業の流れを理解し、その中でもう少し原状回復費用の圧縮を
質を落とさないレベルで研究していく予定です。もしかしたら現状維持が最適な結果なのかもしれません。
また、この先相見積もするかもしれません。
ただ現在の流れから逸脱することはせず、参考程度にまず知識と経験を増やしていく予定です。
ありがとうございました。
けんさん
こちらの内容は、2018/11/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/11/20

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をよく読んで覚え、その内容に従って賃借人の負担割合を出して請求しましょう。請求する工事場所は、後でトラブルにならないように写真も撮っておくことをお忘れなく。実測もご自身で出来るとなおよいです。

工事は安すぎれば、品質が貸すには耐えられないレベルとなることが少なくなく、内覧があっても選ばれなくなります。また、プロは原状回復工事にあわせて、設備だけでなく内装もレベルアップを図るなどしますのでデザインも含め現在のトレンドを知っておく必要があります。

工事を工種別に分離発注なさる場合は、工程の順番が悪いと倍以上の費用がかかる事が普通にあります。その様にお考えでしたら、先に工事の工程についてしっかりと勉強したほうがよいでしょう。

【お礼】
ご返答ありがとうございます。
自分自身もすぐに切り替えるつもりはなく、数年を要することだと思っております。
まずは管理会社の方にくっ付いて、徐々にいろんなことを覚えていこうと思っております。
ありがとうございました。
けんさん
こちらの内容は、2018/11/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/11/21

管理会社との役割が複雑になりますと、業務も煩雑となり責任の所在も曖昧となることから、あまり歓迎されません。とはいえ、原状回復費用の削減が目的でしたら相見積もりを取得することが望ましいように思います。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ご返答ありがとうございます。
まずは勉強をして、ある程度自分で原状回復の流れを身につけようと思っております。
ありがとうございました。
けんさん
こちらの内容は、2018/11/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産アドバイザー
丸山 孝樹
回答日時:2018/11/21

賃借人との立会い見積もりなどは知識がないのでまだやるつもりはなく、とありますが、退去時は立会いをして下さい。
その場で金額を算出する必要はありませんが、入居者と一緒に室内を確認し、破損箇所などをカメラで撮影しながら確認する必要はあります。(これをしないと後々揉めて、本来であれば入居者負担の箇所がオーナー負担になる可能性があります)
そして決まった修繕代金に応じて、国交省が定めるガイドラインに基づき入居者負担分とオーナー負担分割合を算出します。

また選定する業者も数社に実際に見てもらうことをオススメします。過去の経験では、安い業者は作業の質も悪く、入居後にトラブルになるケースがありましたのでご注意ください。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html
【お礼】
ご返答ありがとうございます。
まずは現在お世話になっている管理会社さんに教わりながら、流れを勉強していきたいと考えております。
いずれは一緒に立会って勉強していこうと思っております。
ありがとうございました。
けんさん
こちらの内容は、2018/11/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
【関連】あわせて読みたい記事!
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
土地活用 関連記事

PAGE TOP