賃貸入居後すぐ退去した入居者に対して違約金の請求や覚書を作成したい!客付業者にはAD代金の返金を…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>退去・敷金トラブル>
賃貸入居後すぐ退去した入居者に対して違約金の請求や覚書を作成したい!客付業者にはAD代金の返金を…

賃貸入居後すぐ退去した入居者に対して違約金の請求や覚書を作成したい!客付業者にはAD代金の返金を…

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:あきぉさん
  • 相談日時:2018/09/26(地域:東京都)
line
気になった! 734
大家兼不動産屋を始めたばかりですが、入居者に問題がある方はいませんでしたが、、、
今回、客付業者からの入居者で保証会社も承認済みだったので問題ないかと思ってましたが、入居すぐに解約したいとの申出がありました。
結果、事情が事情でしたので一ヶ月も経たずに解約でAD代やクリーニングでマイナスになってしまいました。

客付業者に対してはAD代金の返金や入居者に対しての締結後一ヶ月以内解約に違約金の覚書を作成したいのですが、どのように記載、作成すればよいのか教えてください。
こちらの内容は、2018/09/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/09/26

まず、不動産屋を業としてなさっているのなら専門書などを買ってご自身でお作りになることをおススメします。書類の作り方もわからないのでは、今後も事業を続けるのは厳しいですよ。

続きを読む
こちらの内容は、2018/09/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/09/27

解約については、解約予告金を受領したうえで解約手続きを進めざるを得ないと思います。
業者は実際に業務が発生しておりますので、業者に対して返金を求めることはあまりお勧めできません。入居者との契約に短期解約違約金の条項を設けることがよいと思います。特約に一文記載なさってはいかがでしょうか。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2018/09/28

入金が済み、契約書類も整って受け取っている場合としてお話ししますが、
契約書類に例えば「1年未満の解約には家賃の1ヶ月分相当の違約金が発生する」などの文言が記載されていない限り短期解約違約金は無理ですし今から覚書をつくってもすでに契約が終わっている契約なので今後の為に作成するというのは問題ありませんがこの契約には効力はありません。
また、また客付け業者のADに関しても契約成立した時点で支払うものなのでその後短期で解約した場合でも返還請求は出来ません。
ADを返還してほしいという事で客付け業者に話をすれば今後の客告げに影響する恐れもあります。
反対に、「せっかく決めてくれたお客さんがすぐ退去になりました。出来るだけ早く次を決めてください」と伝える方がよいと考えます。

こちらの内容は、2018/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

退去・敷金トラブルに関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP