図面と実際のレイアウトが違う!不動産会社に対して訴えたり、賠償請求できる?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >不動産 管理会社> 図面と実際のレイアウトが違う!不動産会社に対して訴えたり、賠償請求できる?

図面と実際のレイアウトが違う!不動産会社に対して訴えたり、賠償請求できる?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ジョジョさん
  • 相談日時:2017/01/26(地域:神奈川県)
line
気になった! 117
神奈川のマンション1ルームのオーナです。

不動産業者から提示された図面と実際のレイアウトが異なっていることが発覚しました。
※購入時は入居者がいたので確認できませんでした。

図面ではクローゼットが
「玄関~3点ユニット~キッチン」までの範囲で収まっている形ですが、
実際はクローゼットが上記範囲に収まらずに
「突き出ている」状態となっている。

こちらについて不動産業者に賠償や虚位・詐欺などで訴えることはできるでしょうか。訴えることはしなくても賠償請求などを行えればと考えています。

またコスパの良い弁護士さなんどを紹介しているサイトやこのような問題が発生した際の相談窓口あればご教授下さい。

宜しくお願い致します。
こちらの内容は、2017/01/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2017/01/27

ジョジョさん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。
Q.図面と実際のレイアウトが違う!不動産会社に対して訴えたり、賠…

続きを読む
こちらの内容は、2017/01/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/01/26

このような場合は、虚位(虚偽ですよね?)・詐欺で訴えることは出来ないと思います。明らかに騙す意志があったことを立証できないと詐欺は立件できません。ただし、損害賠償については請求できる可能性はあります。

先ずは売買契約書と重要事項説明書をご覧になり、上記の点についての記載や但し書きがないか確認してください。入居者が居る場合などで現状の確認が出来ない場合は、通常、図面と原状が異なる旨の但し書きがあることが多いです。そのような記載があった場合は、損害賠償で訴えることも出来ません。

なかった場合ですが、先ずはその不動産会社に対して説明を求めてください。口頭ではなく書面で説明を求めることです。回答も書面でと求めてください。出来れば、それとその他書類、原状が分かる写真などを持って弁護士に相談するのがよいです。

弁護士についてですが、安ければそれなりです。そういうものです。

【お礼】
ありがとうございます。
ジョジョ
こちらの内容は、2017/01/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/01/27

一般的には現況が優先されますが、著しく図面と現況が異なり、それにより損失が発生する恐れがあれば瑕疵にあたる可能性はあると思います。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2017/01/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

賃貸管理会社に関する記事を探す

関連キーワード

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP