定期借家の再契約で不動産会社に払う手数料とは?大家は借家人さんから再契約料を取るべきか|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>賃貸契約・更新>
定期借家の再契約で不動産会社に払う手数料とは?大家は借家人さんから再契約料を取るべきか

定期借家の再契約で不動産会社に払う手数料とは?大家は借家人さんから再契約料を取るべきか

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:鳩ちゃんさん
  • 相談日時:2018/11/09(地域:東京都)
line
気になった! 571
お尋ねします。
小さい戸建てを貸しており、借家人さんとの関係は良好です。
5年の定期借家が満了し、借家人さんは引き続き更新を希望しているので継続します。

当初の契約書には「再契約料:再契約後の月額1か月分、再契約事務手数料:無し」とあります。ところが、仲介した不動産屋が「この再契約料の半分(10万円)を支払って」と言ってきました。

1.「再契約事務手数料:無し」という項目がありますが、どういう意味なのでしょうか?
2.「再契約料」は、大家の私自身は借家人からもらわなくてよいと思っていますが、そう言うこと自体が間違っているのでしょうか?
3.契約書のどこにも載っていないことで、不動産屋が再契約料の半分を支払えというのは納得がいきませんが、決まりでもあるのでしょうか? 
4.「再契約書の作成で事務手数料が発生する。(1のように「無し」とは書いてあるが)」と、不動産屋が言うのであれば、これは誰が支払うもので、不動産屋の言い値を払わないといけないことになるのでしょうか?

大家が借家人さんから再契約料を取らないと言えるのなら、不動産屋が請求できる手数料の上限はおいくらくらいですか?
こちらの内容は、2018/11/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/11/09

質問を先に答えます。

1.文字通りで事務手数料は不要という意味です。事務手数料は、書類を作り相互に交わす連絡なども含めた手数料です。契約の手数料とは異なります。
続きを読む

【お礼】
早速のご返答をありがとうございました。
もちろん、なんらかの手数料はお支払いするつもりですが、こちらも仕組みがよく分からないのでお尋ねさせていただきました。
鳩ちゃん
【コメント】
契約の手数料として、再契約料の半額を請求してきているだけなら良心的であると思います。契約書を見てはいないので、一般的な範囲での想定ではありますが、3.4の質問を見る限りでは、あなたが不動産会社の手数料に不満を持っていると感じ取れます。

よく「ただ書類にするだけなんだから1万ぐらいでいいでしょう?」などという方がいます。このような人は最近ちょくちょくネットで炎上する「原価で売れ」の人と同じ自分だけ得をしたいという自己中心的な考え方の持ち主で、そこに至るまでの時間や経費を考えず、他人の収入をアルバイトの最低時給と同レベルで計算します。でも、これでは専門職だけでなく、普通の職業の人でもやりません。宅建士は業務独占資格の一つでもあるので、それなりの費用がかかるということを理解して接してください。
株式会社三野 北前店
【お礼】
そうですね。どうもありがとうございました。
鳩ちゃん
こちらの内容は、2018/11/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/11/12

再契約料の授受についての取り決めは自由です。
一例としましては、貸主は再契約料として借主から賃料の1ヶ月分を受領し、貸主は再契約手数料として管理会社に賃料の半月分を支払います。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
ご返答をありがとうございました。
どうも関東から以北?では慣習的にそのようになっているそうだと聞きました。
初めてのことだったので、こちら側も知識としてお尋ねさせていただきました。
鳩ちゃん
こちらの内容は、2018/11/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
赤坂見附法律事務所 弁護士 水田匡之
回答日時:2018/11/12

契約書上の記載がなければ、支払う必要はないと思われます。
もっとも、再契約料の半金を不動産業者に支払う旨の合意が他にある可能性もあります。10万円の根拠について(いつどのような約束をしたか)聞いてみるとよいでしょう。

再契約料をもらわなくてもよい、というのは家主の方が決めることですから、間違っていません。
結局、半分を支払う旨の約束があったかなかったか、ですね。この点は不動産業者がきちんと約束について説明できなければならないでしょう。

再契約書の作成に相応の費用がかかる、ということはあるでしょう(定期借家の場合、文言や書類の種類には注意も必要です。)。ただしそれは協議の上で決めればよいと思います。

【お礼】
ご返答ありがとうございました。
契約書をもう一度よく見直してみます。定期借家契約の再契約という状況に初めてなり、こちらもよく分からないのでお尋ねさせていただきました。
鳩ちゃん
こちらの内容は、2018/11/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

賃貸契約・更新に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP