法人倒産時の残置物対策について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 空室対策 >空室対策 入居者募集> 法人倒産時の残置物対策について

法人倒産時の残置物対策について

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:けんさん
  • 相談日時:2011/03/07(地域:埼玉県)
line
気になった! 69
不動産会社を通さずに直接倉庫を借りたいという入居者{会社}がいます 

万が一倒産して残置物対策は保証会社と契約するのが一番でしょうか?

他にも対策ありましたらどうか教えてください 

よろしくお願いいたします
こちらの内容は、2011/03/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
コージーライフ.
回答日時:2011/03/08

保証会社を通すのも一つの方法だと思いますが、不動産会社を通さずに借りたいという場合は、何か不動産会社を通すとリスクがあるのかもしれません。

やはり万一のことを考えるのであ…

続きを読む
【お礼】
回答ありがとうございました
大変助かりました
感謝致します
けん
こちらの内容は、2011/03/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2011/03/07

保証会社と契約することもリスクヘッジの一つです。
ただ、保証会社が倉庫を受け付けてくれるかどうかは交渉の必要があります。
また、万が一の場合、確実かつ速やかに退去してもらうためにも”定期借家契約”をご活用なさることをお勧めいたします。
少し専門的になりますので、できれば信頼できる不動産会社もしくは弁護士にご相談なさってください。

【お礼】
回答ありがとうございました
大変助かりました
感謝致します
けん
こちらの内容は、2011/03/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
府中不動産株式会社
回答日時:2011/03/08

賃料の保証はできても、残置物の保管や撤去をしてくれる保証会社は少ないと思います。
不動産会社を通さずに契約しても敷金は預かれますので、倒産のリスクがありそうな契約者なら多めに敷金を預かるのが良いと思います。

こちらの内容は、2011/03/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2011/03/08

法人が倉庫に何を入れるかが問題ではないでしょうか?

商品であれば、倒産の際に、
【管財人】が商品の処分をするはずです。
いわゆる【倒産整理】ですね。

↑でも言われているように、【保証会社】は残置物処理まで扱わないところが多々あります。

但し、商品の処分には時間が掛かる場合がありますので、
やはり行き着く先は【多めの敷金】ではないかと思います。

処分されずに残った残置物の処分と、
撤去までの家賃の支払を敷金でまかなえる様、
【特約】をお設けた契約をオススメします。

書面の作成は【弁護士さん】にお願いした方が確実でしょうね。

要するに、完全に撤去できるまでの期間も【弁護士さん】なら過去の事例に沿って、
解かっているはずです。
その期間を確実に補える【敷金】の受領が一番安心できるものと推測します。

その為の契約書面を作成してもらうのが良いでしょう。

こちらの内容は、2011/03/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP