契約更新の書類送付が遅れ、更新日過ぎての契約の場合の家賃負担について|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>賃貸契約・更新>
契約更新の書類送付が遅れ、更新日過ぎての契約の場合の家賃負担について

契約更新の書類送付が遅れ、更新日過ぎての契約の場合の家賃負担について

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:まっとさん
  • 相談日時:2019/10/10(地域:東京都)
line
気になった! 653
地方転勤のため、都内の自宅マンションを賃貸に出しております。


2年が経ち、今回10月1日に契約更新だったのですが、借主の方がいつの間にか法人登記をしていたり、管理会社との連絡がうまくいかなかったりで、更新の書類が遅くなり10月を過ぎてからの書類作成となりました。(9月末に管理会社に確認したところ10月を過ぎても大丈夫です、と回答を頂いていました)


昨日こちらへの書類が届いたのですが、契約日が10/5となり、5日分の家賃がこちら負担となり差し引かれていました。これは契約日が遅れたのでその分は貸主の負担、という事でしょうか?(更新の書類には借主が10/5と日付を入れています)


借主も不動産関係者らしいので、上記のように断わりもなく法人登記をしたり契約者を変えたり、事後報告です。


依頼している管理会社(大手です)も遠方だからか、すべてスルーでこちらが了解するのが当然という態度です。
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本コミュニティー株式会社
回答日時:2019/10/10

完全に管理会社の落ち度です。

いろいろと問題行為がありそうですね。
仮に双方の連絡不行き届きで更新手続きが遅れたとしても、
契約更新すれば、契…

続きを読む
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/10/10

まず、契約更新が遅れたからといって、遅れた分の賃料が差し引かれるのは異常な状態です。借主は、更新が遅れただけでその部屋は使用しているわけですから、満額の賃料を支払う義務があります。

また、契約者をあなたの許可なく変えることはできません。
それを聞いたのはいつでしょうか?聞いた後に、それを認めましたか?

認めておらず、聞いたのも更新の時ならば、契約者の変更は拒否することができます。

法人登記についてですが、これだけでは契約を解除することはできませんが、このことについて事情を聴いて、是正するように求めておいた方が良いです。
もし、法人として契約外の利用方法をしているかもしれませんので、状況も確認することをおすすめします。

こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/10/11

合意更新がなされていない間は法定更新となります。賃貸期間が途切れることはありませんので、5日分が差し引かれることは考えられません。また、事務所や店舗として使用されていた場合は用途違反に該当する可能性もあります。いずれにしましても、管理会社に詳細をご確認なさってください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2019/10/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2019/10/31

更新で5日分を引かれるということはないと思いますので詳細を不動産会社に確認したほうが良いでしょう。

こちらの内容は、2019/10/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP