家賃の支払い先を、現所有者に勝手に断りなく変更してしまうのは違法ではないでしょうか。|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >不動産会社> 家賃の支払い先を、現所有者に勝手に断りなく変更してしまうのは違法ではないでしょうか。

家賃の支払い先を、現所有者に勝手に断りなく変更してしまうのは違法ではないでしょうか。

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:新宿PLACさん
  • 相談日時:2020/09/04(地域:東京都)
line
気になった! 653
不動産屋が、勝手に物件の賃借人に連絡をとり、家賃の振込先を他の人の口座に変えていました。

不動産取引のトラブルです。
売買を行った不動産屋が、勝手に物件の賃借人に連絡をとり、家賃の振込先を他の人の口座に変えていました。

7/21に、私はすでに賃借人のいる戸建てを購入しました(オーナーチェンジで購入)。
その不動産取引の清算時に、8月分の家賃が、前所有者から私に支払われました。

賃借人と前所有者の間で結ばれた賃貸契約書は、『毎月末までに翌月の家賃を振り込む』と定められていました。
7/30に、私は新大家として賃借人に会いに行き支払い状況を聞いたところ、『毎月初に振り込んでいる。
何月分かはわからないが20年以上そうしている』とのことで通帳も見せてもらいました。

私は、清算時に8月分が私に前所有者から支払われたこともあり、賃借人が直近の7/1に支払った分が8月分であり、8/1の支払い分は9月分だろうと考え、その日から次の支払いを私宛にするように伝えました。

しかし、実際は8/1支払い分は8月分の家賃(つまり毎月延滞して家賃を支払っていた状態)であり、前所有者に支払われなければならなかったと後から売買不動産屋から連絡が来ました。

前所有者は、親の代から不動産管理を引き継いでおり、どの月の支払いが当月分なのか翌月分なのか時系列で示せる書類がないと言っています。
この状態で本日9/1に、なんと売買契約を行った不動産屋は、管理会社を抜きにして勝手に賃借人に連絡をとり、9/1の支払いを前所有者あてにさせてしまいました。

このような、売買契約が完了している物件の家賃支払い先を、現所有者に勝手に断りなく変更してしまうのは違法ではないでしょうか。

この不動産屋および前所有者を訴えても良い覚悟です。これは違法ですか?
こちらの内容は、2020/09/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
あさがお法律事務所
回答日時:2020/09/05

この状態で本日9/1に、なんと売買契約を行った不動産屋は、管理会社を抜きにして勝手に賃借人に連絡をとり、9/1の支払いを前所有者あてにさせてしまいました。

違法の可能性は…

続きを読む
こちらの内容は、2020/09/05時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/09/04

家賃を受け取る権利がないのに入居者から家賃をだまし取っているので詐欺といえるかもしれません。

ただ、被害者はあなたではなく入居者です。

あなたは、自分が所有者であることの証明書類(登記簿のコピーでよいです)を添えて、指定している口座に家賃が振り込まれていないとして請求する共に、他の口座に振り込んだ場合は詐欺にあっている可能性があるとして伝えればよいです。

こちらの内容は、2020/09/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP