多額の原状回復費用が発生した場合、確定申告の際、一括費用として処理していいのでしょうか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 相続 税金 > 相続 税金 確定申告 >相続・税金> 多額の原状回復費用が発生した場合、確定申告の際、一括費用として処理していいのでしょうか?

多額の原状回復費用が発生した場合、確定申告の際、一括費用として処理していいのでしょうか?

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:きょんさん
  • 相談日時:2020/01/31(地域:千葉県)
line
気になった! 1295
多額の原状回復費用が発生した場合の税務処理に関して質問します。
10年以上住まれていた借主が部屋を汚部屋にしてしまい、退去はして頂いたものの、シミ、悪臭、床壁の破損がひどく、原状回復(ほぼリフォーム)に数百万円の費用が掛かってしまいました。

借主は生活保護受給者で返済のめどもつかないため、全額私が負担しました。
このアパートは既に減価償却済なのですが、確定申告の際、上記の費用は、一括費用として処理していいのか、もしくは資本的支出として、木造アパートの耐用年数22年で新たに減価償却計上するのでしょうか?

更に、一括費用計上した場合、年間の家賃収入を超えてしまうのですが、来年以降に繰り延べることは可能なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2020/01/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産アドバイザー
古東 光信
回答日時:2020/02/03

まず税務上修繕費の計上は「資産の価額を増したり使用可能期間を延長したりする工事」の支出以外の工事があげられます。
一口に原状回復工事が数百万がかかる等あまり考えられません。建物の外壁工事…

続きを読む
【お礼】
有難うございます。
床板の剥がれ、便器の汚損等もですが、悪臭がひどく、壁紙、天井等も全て張り替えないと匂いが消えないとの事で、複数個所から見積もりを取りましたが、全て、同じように、100万円を大きく超える金額でした。

詳細な見積もりと、汚物清掃前の写真も撮ってあるので、それをもって税務署に相談に行ってみます。
きょん
こちらの内容は、2020/02/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/01/31

原状回復工事は、修理ですので資本的支出にはなりません。
ただし、原状回復工事と一緒に賃料を上げられるような工事をした場合は、その部分だけ資本的支出です。

申告の方法によって違いますが、青色申告をしていれば赤字でも3年間は繰り越せます。

詳しくは、税のことなので、税務署に行って聞くか、依頼している税理士に聞いてください。

【お礼】
有難うございます。
税務署に相談してみます。
きょん
こちらの内容は、2020/01/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
【関連】あわせて読みたい記事!
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
相続 税金 関連記事

PAGE TOP