20年貸している店舗が退去するにあたっての保証金の返済額の対応について|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>退去・敷金トラブル>
20年貸している店舗が退去するにあたっての保証金の返済額の対応について

20年貸している店舗が退去するにあたっての保証金の返済額の対応について

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:Lennaさん
  • 相談日時:2019/09/27(地域:富山県)
line
気になった! 647
1999年から貸店舗としてお貸ししている物件が、
今月末で退去する事にあたり保証金を含めた返済額の対応についてご相談です。


1999年から2003年は旧オーナーが経営をしており その権利買い取って2003年から現在までは現オーナーが経営していらっしゃいます。
(店舗の名称も お客さまには同一店舗として経営されています)


現オーナーは 私達の什器の撤去申請につきまして、旧オーナーが置いていったものなので、自分は撤去費用を払うつもりはないと主張します。
(契約書類には 什器の買取は大家に求めない と明記されてあるのみ)


保証金として預かっているお金から現状回復費用として差し引きたいと考えていますが、敷金は旧オーナーに全額 現オーナーが支払っている(書類には記載なく 同一会社経営として 現オーナーに変わった時に旧オーナーの敷金が繰り越しされている)ため 全額返済してもらいたいと言われており、どのように対応して良いか困っています。


旧オーナーと現オーナー契約書類は全て残っておりますが、このまま同一会社とみなして未払い分の什器撤去費用を申請して良いのか判断出来ずにいます。


アドバイスをいただけたら嬉しいです。
こちらの内容は、2019/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/09/28

契約についてはどのようになっているでしょうか?

単にオーナーチェンジをしただけですか?それとも、旧契約を一回解除してから再契約をしたのでしょうか?
もっとも…

続きを読む
【お礼】
丁寧なアドバイスをいただき本当に感謝いたしております.

単にオーナーが変わり,敷金も前オーナーのものを繰越し,契約も同内容で更新している記録が残っています.

管理会社は解釈によっていかようにも取れるので,これは管理会社が入るべきではなく 弁護士の仕事だと言われてしましました.
再度 什器を含めた原状回復の交渉を管理会社にお願いしてみます.

難しい場合は,管理会社の交代も考えようと思います.

Lenna
こちらの内容は、2019/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
S
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP