【専門家が回答】入居者退職によって法人契約から個人契約に。連帯保証人に対する必要書類など注意点は?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>賃貸契約・更新>
入居者退職によって法人契約から個人契約に。連帯保証人に対する必要書類など注意点は?

入居者退職によって法人契約から個人契約に。連帯保証人に対する必要書類など注意点は?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:こもりくさん
  • 相談日時:2018/04/06(地域:神奈川県)
line
気になった! 604
法人契約から入居者退職により入居者との個人契約に移行する予定です。連帯保証人(父親)に対する必要事項及び必要書類をご指導ください。
こちらの内容は、2018/04/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2018/04/06

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

まず連帯保証人の方の収入が賃料に対して保証能力があるか
確…

続きを読む
こちらの内容は、2018/04/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/04/06

契約を移行する場合でも、契約はやり直すのが原則です。
一旦法人契約を終了させ、新たに個人契約を結ぶこととなります。
なので、連帯保証人に対して求めるのは通常の契約と変わらず、印鑑証明書とその印を使っての連帯保証人欄への署名と捺印です。

このような場合、敷金や原状回復等でのトラブルが後に起こりやすいので、契約に関しては不動産業者を入れて手続をしてもらうことを強くおススメいたします。

【お礼】
有難うございました。連帯保証人の源泉徴収票を提出して頂き、十分な支払い能力を確認致しました。無事契約終了致しました。

こもりく
こちらの内容は、2018/04/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/04/09

最低でも、印鑑証明書、所得証明書、自署及び実印による捺印を求めるべきでしょう。
審査の結果、不安が残るようでしたら、保証会社を利用することもご検討なさってください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/04/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2018/04/22

通常の新規審査、入居手続きにて対応と考えてよいと思います。

こちらの内容は、2018/04/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

賃貸契約・更新に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP