オーナー側に昨年施工した原状回復費が未請求だった場合、これから請求することは可能?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 原状回復 >不動産会社> オーナー側に昨年施工した原状回復費が未請求だった場合、これから請求することは可能?

オーナー側に昨年施工した原状回復費が未請求だった場合、これから請求することは可能?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ヨッシーさん
  • 相談日時:2021/10/07(地域:愛知県)
line
気になった! 665
お世話になります。
下記、内容でご相談があります。

管理会社 担当者として退去時に店子に原状回復費を見積りし、合意の上、施工しました。
2020年9月中旬に預かり保証金から原状回復費を相殺して返金しております。
オーナー側に原状回復費を請求しておらず、その費用がオーナー口座に残っております。
確定申告時にそのまま、指摘されることもなく、処理されております。
1年経過して、これから請求する予定です。
オーナー側の会計上、不利益等問題点が発生することはあるのでしょうか。
お手数をお掛けしますが、教えて頂けないでしょうか。
よろしく、お願いします。
こちらの内容は、2021/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
税理士
税理士法人 加美税理士事務所
回答日時:2021/10/11

ヨッシー様 はじめまして

税理士法人加美税理士事務所の税理士の加美(かみ)と申します。
東京都中央区銀座で不動産専門の税理士事務所を主宰しております。 続きを読む

こちらの内容は、2021/10/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
弁護士秋山直人
回答日時:2021/10/07

1年も経過してからオーナーに原状回復工事費用を請求するというのは理解が困難です。

オーナーには事前に見積もり額を提示し,オーナー負担額や借主負担額について説明し,きちんと了解を取った上で原状回復工事を実施する必要があると思いますが,オーナーへの事前説明を行い,了解を取っているのでしょうか?

オーナー側の不利益という以前に,1年も経過してからの請求にオーナーが納得するのか疑問です。

こちらの内容は、2021/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
コンサルティング
A&P Consulting
回答日時:2021/10/07

請求漏れがあったということですかね?

事情を説明し、未払い金としての修正申告をしてもらう必要があります。実際に代金が発生したのが前年度なのですから今年度の事にしてしまうのはいろいろと問題です。
明確に言うと、あなたの会社は見請求金があったとし、オーナーは未払金があったとして修正申告が必要です。

不利益とすれば修正申告が必要な事ぐらいです。

こちらの内容は、2021/10/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP