入居者の更新手続きをするにあたり、連帯保証人の限度額について質問です。|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >賃貸契約・更新> 入居者の更新手続きをするにあたり、連帯保証人の限度額について質問です。

入居者の更新手続きをするにあたり、連帯保証人の限度額について質問です。

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:あこちゃんさん
  • 相談日時:2020/08/06(地域:東京都)
line
気になった! 783
はじめまして。
8月の後半に入居者の更新手続きをするにあたり、連帯保証人の限度額について質問です。

最初の入居の時に連帯保証人として入居者の親戚の人がなっていました。
今年の4月に民法改正で連帯保証人をつける場合は限度額を契約に記すと決まったはずなので今回更新契約の時、同じ連帯保証人がつく場合は限度額を更新契約書に記す必要があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2020/08/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/08/08

更新ですので、現行法にそって限度額を決め、連帯保証人にも承諾をもらっておいた方が良いです。

続きを読む
【お礼】
知っている弁護士と他の不動産屋さんにも何かのついでの時にでも聞きますが、多分貴社とは又違った意見かもしれません。最終的には限度額を更新の時に記したほうが確実なのかもしれません。ご意見を頂き有難うございました。お礼を申し上げます。
あこちゃん
こちらの内容は、2020/08/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社タキタ産業
回答日時:2020/08/09

2020年4月の民法改正前の契約について
連帯保証人を設けている場合には契約更新時に連帯保証人に契約更新にあたり再契約の書面に署名捺印などを頂く場合には新民法に従わなければなりません。
例外として更新時(更新契約,法定更新,自動更新等)に契約内容に反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情が無い限り
保証人が更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを負うとする最高裁の判例もあります。
つまり、民法改正前の契約で連帯保証人がある場合において更新時新たに連帯保証人に対して連帯保証契約を結ばない限り改正前の契約は効力が生じたままになります。
但し連帯保証人に対して必ず賃借人との間で賃貸借契約が更新されたことを伝え賃貸借契約が更新されたこと,連帯保証契約は改めて締結し直さないが
上記最高裁判例により引き続き維持されることを通知する方がより確かです。
今回の場合は一般的な賃貸契約で定期借地や保証期間に定めのある契約の場合は該当しません。
注)今回のケースは平成9年11月13日の最高裁判例を元にしておりますが必ずしもすべてこの判例で有効になると保証するものではありません。

こちらの内容は、2020/08/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP