2年間の定期建物賃貸借契約にて再契約を続けた場合、普通借として扱われるリスクはある?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>賃貸契約・更新>
2年間の定期建物賃貸借契約にて再契約を続けた場合、普通借として扱われるリスクはある?

2年間の定期建物賃貸借契約にて再契約を続けた場合、普通借として扱われるリスクはある?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:さささん
  • 相談日時:2018/08/27(地域:東京都)
line
気になった! 610
定期建物賃貸借契約の再契約可能についての相談です。

2年間の定期建物賃貸借契約を締結しており、
特約で『貸主承諾の上再契約料を支払えば再契約出来る』と記載しています。

事前説明および終了通知も要件通り行っても、
再契約可能を2回、3回と続けた場合、普通借として扱われるリスクはあるでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、ご教示ください。
宜しくお願い致します。
こちらの内容は、2018/08/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/08/27

定期借家契約は「更新がない」契約ですので、更新ではなく、定期借家契約となる要件を守って再契約を繰り返しているだけなら、普通賃貸借契約とはなりません。

定期借家契約の要件は…

続きを読む
こちらの内容は、2018/08/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/08/28

借地借家法に則り、定期借家契約の手続きをしていれば、普通借家契約に切り替わることはございません。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/08/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2018/08/30

再契約ですので要件を満たしていれば普通借にかわることはありません。

こちらの内容は、2018/08/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
賃貸管理 関連記事

PAGE TOP