建築確認申請が出ていなかった場合その建物は消防設備等の工事は行うことが出来ない?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>建物管理 不動産管理>
建築確認申請が出ていなかった場合その建物は消防設備等の工事は行うことが出来ない?

建築確認申請が出ていなかった場合その建物は消防設備等の工事は行うことが出来ない?

解決済み 回答数:2件
line
気になった! 1118
私は地方の街で小さな貸しビルを経営している物のですが、
当該ビルに対する消防査察と建築確認申請について質問をさせて下さい。

【当該建物の概要】
・当該建物の竣工は、1966年です。(登記簿より)
・建物は、一部3階建ての鉄筋コンクリート造りです。(地下は無し)
 建築面積:約250m2、延べ面積:約560m2
・貸しビルのテナントは主に飲食店で6店舗あります。
 その内2つのテナントは、店舗と事務所の2ブロックを賃貸しています。
・各テナント部は、約60m2前後の広さにブロック分けしてあり、
 構造上はそのブロック毎に独立しております。
・当該物件は、私の父が作り経営していましたが、
 父が2014年に死亡したため、私が当該ビルを相続しました。

【今回の質問の背景】
・今年になり消防署から当該ビルに対する消防査察をしたいとの要望が来ました。
 (おそらく父の時代も含めて)消防査察は初めてと思われるので、
 先ず消防署の担当の方と打合せをしました。
・当該建物は、竣工時から若干のレイアウト変更があったので、
 (変更箇所:一部の階段位置の変更、一部の通路部への増築等)
 設計図面を持って施工会社(消防設備工事&点検)と打合せを行い、
 対応方法(変更部分の図面の作成等)について検討を依頼しました。
・その後、その施工会社からの返答があり、検討結果は次でした。
 「当該建物は建築確認申請が出ていないようなので、何も出来ない。」
 (ここまで来て、ええエエエエっ、、、、、??? )
・当該建物に対する父からの引き継ぎが無かったため、
 その当時の建築に関する資料は先の図面以外は残っておりません。
 (色々と探したのですが、、、、、、)
・また、当該建物の建設当時の設計事務所や施工会社は今は無いため、
 建設当時の情報に辿り着けない状況です。。。。。
・でも、そもそも本当に建築確認申請が出ていないのか、信じられないです。
 建物が建ってから50年以上何事も無く経っているので、、、、、、

【そこで質問です。】
・当該建物が本当に建築確認申請が出ていなかった場合、どうなるのでしょうか?
 当該建物に立ち入り禁止に等にはならないでしょうか? もの凄く心配です!
・建築確認申請の有無に対する正確な情報を入手する方法を知りたいです。
 その時、公的機関にバレた場合、藪蛇にならないでしょうか?
 (ex. 市役所の開発建築指導課などで、、、、)
・もし建築確認申請が出ていなかった場合、
 消防設備等の工事は本当に出来ないのでしょうか?
・出来れば、消防法に則り消防設備等の対応をして行きたいと考えていますが、
 このような状況でテナント様にも影響が出ない対応方法は無いものでしょうか?
・相談相手として、具体的にどの様な人に相談に行けば良いでしょうか?

是非とも皆様の良きアドバイスを頂きたい次第です。
以上、よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2018/04/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
建築・設計会社
有限会社ツルサキ設計
回答日時:2018/04/17

この場合は、
施工会社というより建築家(設計事務所)に
相談なさった方が良さそうです。
消防への対処
・消防との専門家を加えた再打ち合わせ 続きを読む

【お礼】
ご回答、どうもありがとうございます。
大変に参考になりました。
地元の建築士事務所協会に行き、設計事務所を紹介してもらいました。
アポイントを取り、これから相談となります。
なんか大変な事になりそうですが、
希望を捨てずに頑張って行きたいと思います。
以上、どうもありがとうございました。
プロジェクトM
こちらの内容は、2018/04/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/04/16

1966年建築ですか・・・意外かもしれませんが、そこ頃の建物で建築確認がないものは結構な数あります。なので、国も2014年に「検査済証のない建築物に係る指定確認検査機関を活用した建築基準法適合調査のためのガイドライン」というものをだして、救済策(?)をしています。

簡単に言うと、指定確認検査機関というところに依頼して判断してもらうのですが、違反建築物だと受けてもらえません。
建築図面がある場合は、その図面などで図上調査がおこないます。ない場合は設計事務所に依頼して復元図面を描いてもらい(復元構造計算書が必要な場合もある)それを元に検査をします。

消防検査の他に、2年毎の定期報告も必要な建物だと思われますので、一度設計事務所に相談してみてください。違法建築や違法な増改築がなされている場合は、それが是正出来るかどうかも判断してもらう必要があります。


【お礼】
ご回答、どうもありがとうございました。
前向きに検討したいと思います。
以上、どうもありがとうございました。
プロジェクトM
こちらの内容は、2018/04/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP