購入時に防水補修の説明がなかった!前オーナーに責任はないのか?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 購入時に防水補修の説明がなかった!前オーナーに責任はないのか?

購入時に防水補修の説明がなかった!前オーナーに責任はないのか?

解決済み 回答数:3件
line
気になった! 55
1年3ケ月程前に築26年のマンションを購入しました。

ただいま、外壁塗装をしています。

今回わかったのですが、外壁の一部に防水テープを畳1帖半くらい

一面に貼っている個所があるのが判明しました。3階部分です。

購入する時に何の説明もありませんでした。

前オーナーに確認した所、カビと汚れがひどかったので自分で

一面に貼ったという事です。

塗装屋さんは、剥いで塗装しても防水テープの糊がしっかり付いていて

剥がれないのでこのまま塗装した方がいいとの事。


仲介業者に納得がいかないとどうにかならないかと電話を掛けたが

1年3ケ月も前の事だしどうにもならないと返事がきました。


この様な場合、どうにもならないものでしょうか?


宜しくお願いします。
こちらの内容は、2014/09/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2014/09/22

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

一般的に売主には瑕疵担保責任という責任がございます。
売買…

続きを読む
こちらの内容は、2014/09/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2014/09/23

売主が宅建業者でしたら瑕疵担保責任を追及することが可能です。
そうでない場合でも、売主が告知義務を怠ったということで責任の追及が可能です。
話し合いで応じてもらえない場合は、法的に責任を追及することも検討なさってください。

こちらの内容は、2014/09/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(合)マリブ不動産コンシェルジュ
回答日時:2014/09/27

こんにちは。
不動産トラブル相談室『マリブ不動産コンシェルジュ』の石田です。

今回は、
『瑕疵の存在について売主からの告知が無かった』
ケースと言えます。

引渡し時に、実際に雨漏りや水の浸入が無かったとしても、
過去に『外部からの水の浸入によってカビが起きている』と推測し
その推測に基づいて『防水テープによる補修を実施』したのですから、
『過去に外壁から雨の浸入があった』事を説明する義務があります。

売主さんが個人の方であれば、一般的な売買契約においては
『引渡しから3ヶ月間は、売主が瑕疵の責任を負う』と
売買契約書等に記載していると思いますが、
『知っているのに告知しなかった』事については
告知義務違反の行為なので、賠償を請求してみては
いかがでしょうか?

ただし、建物が住めないほどの被害が起きていないのであれば
売買契約の解除は裁判を起こしても一切認められませんので、
基本的には『本来の状態に戻すための補修費用を請求する』
ことを念頭において進めて下さい。

なお、『瑕疵担保免責』の場合は売主さんに対して
補修費用を請求する事すらできない可能性が高いので
売買契約書と重要事項説明書を念のためご確認下さい。

仲介会社さんや売主さんはあなたの味方にはなってくれません。
今後の進め方でご不安があれば、弊社までいつでもお気軽にご相談下さい。

参考URL:http://ameblo.jp/marive-r-concierge/entry-11866113816.html
こちらの内容は、2014/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP