サブリース契約中の物件に設置している消火器・火災報知機の費用負担は大家になる?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>建物管理 不動産管理>
サブリース契約中の物件に設置している消火器・火災報知機の費用負担は大家になる?

サブリース契約中の物件に設置している消火器・火災報知機の費用負担は大家になる?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:たっちゃんさん
  • 相談日時:2018/04/24(地域:長野県)
line
気になった! 642
先日、火災報知機と消火器の期限が切れるという連絡が管理会社から来ました。新しいものを設置しなければと考えています。そこで、
アパートに設置する、消火器や火災報知機は、大家が費用負担するものでしょうか、それとも管理会社が費用負担するものなのでしょうか。

補足ですが、今回のアパートは、管理会社が一括借り上げしており、管理もしていただいています。
こちらの内容は、2018/04/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
その他
東京大家塾合同会社
回答日時:2018/04/25

こんにちは。

J-REC公認不動産コンサルタントで、東京大家塾を主宰している大友哲哉と申します。

今回のことは、微妙な問題なので困惑してしま…

続きを読む
こちらの内容は、2018/04/25時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/04/24

サブリースの契約内容によります。

メンテナンスなどは所有者が行うという契約もありますし、メンテナンスも消耗品も借り受けている会社が行うという契約もあります。
したがって、契約書を確認して、不明な場合は借り上げている会社と協議して決めてください。その場合は、今後のために決めた内容を書面としておくとよいです。

【コメント】
契約について相談する場合は、弁護士のほか、国家公認の正規不動産コンサルタントである不動産コンサルティングマスター(旧 不動産コンサルティング技能士)に依頼してください。それ以外は偽者と言ってもよいくらいです(コンサルティングに関して決めた法律がないので、自称できてしまいます。)
毎月試験を行っているような民間資格のコンサルタントは、実務上ではコンサルタントとは呼びません。その様な試験の取得で自称している方は、不動産コンサルティングマスターの受験資格がないとか、受験しても合格出来るレベルに達していない方かと思われます。
J○○認定なども、そのような民間資格ですのでお気をつけください。
株式会社三野 北前店
こちらの内容は、2018/04/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/04/25

サブリース契約によって様々です。メンテナンスの範疇でしたらサブリース会社が負担する可能性も考えられます。契約書をご確認なさってください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2018/04/25時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2018/04/29

契約書に記載があると思いますのでご確認ください。
詳しくは不動産会社に確認したほうが良いでしょう。

こちらの内容は、2018/04/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP